• TOP
  • DIY
  • ehamiさんの賃貸住宅でもできるDIYリノベ 水曜日連載 vol.17~ 丸テーブルDIY ~

ehamiさんの賃貸住宅でもできるDIYリノベ 水曜日連載 vol.17~ 丸テーブルDIY ~

2020.12.23





DIYアドバイザー
EHAMI(えはみ)です。


主婦で男の子ふたりのママ、趣味はインテリアとDIY
住んでいるのは賃貸住宅なので原状回復できる範囲で、賃貸DIY向けのアイテムや方法を使って自宅のDIYを楽しんでいます。


 


前回の『ダイニングテーブル』についての記事で
最近丸テーブルをDIYした、と書きました。


今回はその丸テーブルについての記事です。



今まで使用していたテーブル。



脚は作り替えたものの、2015年から使用している天板。
こどもと暮らしていることもあり、よく見るとこんなにも汚れました。



2年近く丸テーブルへの憧れを持っていたため
これを機にDIYすることにしました。


 


実は、本当に欲しい丸テーブルは十数万円。
今は小さい子がいるため上のテーブルの状態のようになるのは
目に見えています。


今は、一生ものを購入するよりもDIYで好みのものを
楽しんでいくほうが合っていると考えDIYすることにしました。


・・・という理由も付けていますが、もともと
嗜好が少しずつ変わっていく自分自身の性格にも
合っているということもあります。


DIYで作ったものは、材料を後でリメイクして楽しむこともできるので
もともと使っていたダイニングテーブルもそうしたいと思っております。



材料はネットで購入。
丸テーブルは『清水材木店』でサイズをオーダー。
通常は取り扱っていない直径110㎝のサイズを作っていただきました。



表面には水性ウレタンニスを塗装。



塗装→やすりかけ を繰り返し、塗膜を丈夫にしました。



塗装が終わった後、脚の位置を決めて墨付け



下穴を開けて付属のビスを固定しました。



曲木の脚にもともとビス穴が開いているため、
組み立てはとても簡単でした。



この木目のままでも素敵だけれど
すぐに傷だらけになりそうなので『リアテックシート』を貼りました。
それではなぜニスを塗ったかというと、
木目で楽しみたい時が来た時のためです。


 


天板を拭き掃除してきれいにしてから、シートを貼る作業。



端を10㎝くらいめくって、接着面を天板に貼り付け



少しずつめくって→スムーサーにタオルを巻いたもので貼り付けを
繰り返して、空気が入らないように貼りました。



貼り終わったら、はみ出したところをカッターで切り取り。



一度でスーッときれいに切れるといいのですが、
これがなかなか難しく、一度カットした後に何度か調整してしまいました。



やはりDIYらしい部分もありますが、
自分的には理想のデザインになりとてもお気に入りです♪



 


丸テーブルは、丸い分場所を取ると思われがちですが
我が家の間取りには、長方形よりも丸テーブルのほうが
部屋が広々に感じました。



テーブルの周りを行き来しやすくなり、家族にも好評でした。



裏面はこのようになっています。
正直なところ、今まで使っていたダイニングテーブルのほうが構造的には
強度はしっかりしています。


しかしながら普通に使う場合にはグラグラ揺れることもなく
(消しゴムをかけたりすると、揺れますが・・・・)
問題なく使えています。



丸テーブルでクリスマスやお正月の食事を楽しみたかったので、
年末年始に間に合って良かったです。


 


天板にシートを貼らない場合は
天板と足を購入して組み立てるだけの簡単なテーブルDIYです。
ご参考になりますと嬉しいです。


最後までご覧いただきありがとうございました。


 


 


 


ehamiさんのこのほかの連載記事はこちら


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line