収納不足を「ジョイフル本田」で解決!その4



ログハウスdays

2020.8.18

*その3はこちらから


有孔ボードで”壁”をつくる


 昨今、収納で見逃せないアイテムが、この有孔ボード(穴あきボード)。


均一にあいている穴にダボを打った棚板やL字フックを差し込めば、高さや平行もそろえやすいので、重宝します。ログに直接ビスを打ち込むより、
この有孔ボードを使うほうが、時間も手間もかかりません。



縁の厚みで、壁面と有孔ボードの間にすき間が生まれ、L字フックなどを引っかけられるようになる。



たくさんある穴に差し込むだけ。有孔ボード用のL字やS字フック、ワイヤーのバスケットなど、組み合わせのア
イデアしだいで驚きの収納力に。


 


縁なしの有孔ボードを使う場合


縁があれば壁面とボードの間にすき間ができるので不要だが、板のみの場合は、有孔ボード専用の浮かせ取付金具「スペーサー」が必要。壁面、スペーサー、有孔ボードの順番でビスを打ち、固定を。



スペーサー 8個入り(6×15㎜)¥100


クーパーボードギャングオーク2920×470㎜、縁の厚み30㎜)¥2760、有孔ボード用 5連フック¥323、有孔ボード用 棚 小¥908、ダブルフック 25P249、有孔ボード用フック L型5個入り¥408


*その5に続きます


今週の人気記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved for at least 5 minutes.

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line