• TOP
  • 漆喰のこと

漆喰のこと



馬狩まどかさんの うま家の手しごと

2021.10.21

 みなさん、こんにちは。馬狩まどかです。
 私が暮らす北海道では、高い山のてっぺんが白く雪をかぶるようになりました。今週は気温が0℃近くになる日もあって、もうすぐ雪の季節だなぁと思いながらもなかなか重い腰が上がらないので冬支度をはじめられずにいます。今週は全国的に冷えましたね。みなさん、風邪をひかないようにあったかくしてくださいね。
 さて、今回のコラムでは、インスタライブでご質問いただいていた“漆喰”のことをお話させていただきたいと思います。ハードルが高いように思える漆喰ですが、壁紙を張るよりも手軽で、ペンキを塗るよりも雰囲気が出るので、我が家は寝室以外すべてのお部屋でどこかしらに漆喰を取り入れています。今日は我が家の漆喰のお話。ぜひ最後までお付き合いくださいね。



 インスタライブでも少しお話させていただきましたが、私は、「うま~くヌレ~ル」という壁紙の上から塗れる練り済みの漆喰を使っています。蓋を開けるとフィルムがあって、その下はすぐに漆喰が入っています。使用後は表面を平らにしてフィルムをかけて空気を抜いてから蓋をしっかりしておくと、また使いたいと思った時に漆喰がやわらかい状態のまま使用することができます。(我が家は1年半後に使いかけのうま~くヌレ~ルで壁を塗りましたが、端が少し固まった程度で問題なく使用できました。心配な方は、ビニール袋に残りの漆喰を入れてしっかり空気を抜くとより安心です)
 漆喰を塗る時に、しっかりやっておくことは、「壁の下処理」なんです。基本的にうま~くヌレ~ルはクロスの上からサッと塗るだけですが、もしクロスがはがれていたら、しっかりボンドなどで修復しておきます。
 「下処理」というと途端にハードルが高くなってしまいますが、クロスの剥がれている場所があったら留めておく、くらいに考えていただけたらいいかなと思います。



 こちらはクロスが割れてしまっていた部分。木工用ボンドでしっかり止めます。壁と壁の継ぎ目で、隙間が広範囲に及ぶ場所などは、網目になった専用のテープを。



割れている所に漆喰を塗ると、そこから漆喰がはがれてきてしまうので、漆喰を塗る前に壁の状態をまずチェックしましょうね。



塗る道具は、100均一のコテを使用しています。



 外壁を塗り壁にしたとき、本職の方に道具を貸していただいたときは、左手に漆喰を載せる板、右手に立派なコテを貸していただきましたが、やっぱりいいお道具は塗りやすくて、すいすい作業がはかどりました!



 一方、私の道具。インスタライブではコテを紹介しましたが、ライブ内で火曜日連載の西原さんもお話されていた「調理器具」をコテ代わりにしても使いやすいんですよ。



 こちらは、プラスチック製のお好み焼き用へらを使用した時の写真。狭い場所はこれで充分!わざわざ買い足さなくても、お家にあるもので代用できたりします。


 わが家のリビングは白漆喰。壁も天井も漆喰にしています。はじめてCome home!の取材が決まった6年前、その時はキッチンの取材だったのでキッチンしか撮影しないのに、もう取材に来ていただけることはないからベストのお部屋でお迎えしたい!と、まだ小さかった娘たちを両親にお願いして、取材の2日前に夜な夜な一人で漆喰を塗ったっけ…。途中嫌気がさして、きれいに塗れていない箇所もたくさんあるのですが、それもまた思い出でそのままにしています。




 こちらは洗面所。2回目のCome home!取材が決まった時にこちらの壁一面のみを漆喰に。ここは出来上がった時の印象がガラッと変わって、すごく達成感があったなぁ。
 ここはモルタル風の色を出すため白漆喰に黒ペンキを混ぜているので、漆喰そのものの吸湿効果などはたぶん期待できなくなってしまったのですが、今はうま~くヌレ~ルからもモルタル風の色が出ているんです。



 こちらはうま~くヌレ~ルの「コンクリートグレー」。かわいいお色でしょう?



 トイレは唯一うま~くヌレ~ルを使用していない場所で、「ベジタウォール」という練り済み漆喰を塗っています。ベジタウォールの方がやわらかくて、硬めの生クリームみたいな感じ(うま~くヌレ~ルはもう少し固いです)。仕上がりはコテなどを使ってざらっとした感じを出すならうま~くヌレ~ルを、滑らかな感じを出すならベジタウォールが良いです。これはお好みで選んでいただくといいですよ。


 万能な練り済み漆喰ですが、完全なる私のミステイクで、昨年寒い場所に保管して凍らせてしまったようで…。



 例えるなら、砂に水を混ぜたような感じ…。楽しみにしていた黒漆喰…。とっても落ち込みました。



 無理やり塗ってみましたが、乾いた後もざらざら感があって、ニュアンスがありすぎる壁になってしまいました。ここはもう少ししたら手直しかな…。



 でも、漆喰はがらっと雰囲気を変えられて雑貨が映えるので、お部屋の壁全部じゃなくても、一面や一部分だけ塗ってみることで、特別な空間になると思います。とってもおすすめなので、興味のある方は小さな場所からトライしてみてくださいね。(トイレは狭すぎて塗るのが大変ですので、広い場所の一部分でトライしてみるといいです!)



 本当は、漆喰壁にしたいのは寝室なのですが、天井が高いので断念しています。いいはしごを購入したら真っ先にここを塗りたい!とずっと思っていますが、いつか叶うかなぁ…。


 


 さて、次はなにしよう?


 


 


 


馬狩さんのこのほかの連載記事はこちら


馬狩まどか うまかりまどか

自然豊かな北海道の石狩平野で、ご主人と2人の娘さんと一緒にスローライフを楽しむ。DIYで住まいを心地よい空間に模様がえしたり、季節の行事を家族で楽しんだり、日々のことをinstagramで発信。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line