• TOP
  • DIY
  • 理想のカントリーハウスができるまでの物語

理想のカントリーハウスができるまでの物語



私のカントリー№115

2021.12.30

2021年最後の「私のカントリー」の更新は、巻頭企画「理想のカントリーハウスができるまでの物語」から、及川邸のご紹介です。


「私のカントリー」を彩る実例があまりに素敵なので、お金持ちの方ばかりに見えるかもしれませんが、実は集合住宅だったり建売住宅だったりします。


私たちと同じような住まいでありながら、工夫をこらして夢見た住まいを手に入れることができたのです。


今回はそのおひとり、及川さんの住まいをご紹介しましょう。


 


「私のカントリー」の記事はこちらを、ごらんください。


注文住宅を購入したものの、資金不足から庭すらない住まいに…


「私のカントリー」を彩る実例の多くは、InstagramなどSNSをいっさいやらたい方も多いです。


及川さんも、そんなおひとり。時折、編集部にお手街をくださるので、そのときに馳せ参じています。



ダイニングルームは、木製の家具で統一。ダイニングテーブルはバタフライ式。


及川さんによると、「ダイニングテーブルは仕事をしたりお子さんが宿題をしたり。食事以外にも使うことが多いので、大きいほうがいい」とのこと。さらに天板を大きくできるバタフライ式なら完璧ですね。



食器は、このカップボードにおさまるだけの量に制限。



冷蔵庫には、下地材すらなしで、塗料を直接塗ったそう。何度も重ね塗りしたことで、今のところはがれ落ちることもないそう。


「こういうアバウトなことが許されるのも、カントリーのふところの広さ」



室内の壁の漆喰は、刷毛ではなく手で塗ったそう。いい感じにニュアンスが出て大満足。


 


年末年始、みなさまどんなことをしてお過ごしの予定ですか?


もし時間に余裕があったら、軽い気分で住まいに手を加えてみるのは、いかがでしょう?


失敗も味になる。それが、カントリーですよ!


 


及川邸については、現在発売中の「私のカントリー№115」p44~をごらんください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


こちらも、ぜひごらんください。


「私のカントリー№115」p8~



次にご紹介する動画は、「私のカントリー№115」のp84~




 



「私のカントリー№115」は現在好評発売中!


 


「私のカントリー№115」掲載の「私のカントリーフェスタ」の様子はこちらをご覧ください。



今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line