経年変化を楽しめる スツールをDIY(1)



2020.10.11

仕上がりサイズ:幅340×奥行340×高さ474㎜
組み立て時間:約1時間 材料費:約3000円


飴色へと変わる経年美を楽しみたくてパイン材を選びました。
安定感があるので、サイドテーブルとして使っても!
淡路菜絵さん


「IKEA」で買った白木のチェアに合わせたくて、無塗装に。座面を八角形にしたので、 スツール1脚だけでも絵になります。

座ったとき足が痛くならないよう、座面の角を丸く削って仕上げました。


 16年前に木工に目覚めて以来、テーブルやテレビ台、キャビネットなど家じゅうの家具を手作りしてきた私。その経験を生かして、最近作ったのがスツールです。


 製作するうえで大切にしたのは強度。全体重がかかるから木ネジで板同士を固定するだけでは弱いので、脚は板をクロスにして組み合わせる構造にしました。板に彫った溝は板の厚さより狭くしたため、ガタつきがありません。木材は頑丈なパイン材をセレクト。時を経るごとにつやが出て、飴色に変わる色合いも楽しめるように。


 お客さまが来たときの椅子やディスプレイ台など、いろいろなシーンで役立っています。チェアともデザインが合うので、サイドテーブルとしても活躍中です。


作るのに必要な道具



電動ドリルドライバー、下穴あけ用・直径6㎜のダボ穴用ドリルビット、ノコギリ、ジグソー、カナヅチ、サシガネ、木工用ボンド、金ヤスリ、ペン、60番・240番の紙ヤスリ


材料



A:パイン集成材 幅270×厚さ24×長さ270㎜
B:パイン集成材 幅360×厚さ19×長さ450㎜
C:パイン集成材 幅360×厚さ19×長さ450㎜
直径6×長さ200㎜の丸棒、32㎜の木ネジ



*(2)に続きます


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line