古いもの



辰巳若菜さんの いまこれ、気になる。

2020.11.2

“古いもの”
私のゆるぎなく気になるもの。
時代背景を反映したデザインやフォント、使いこまれて飴色になった木味、ガラスに閉じ込められた気泡。
全てが2度と創り出せなもの。



すべて、誰かが大切にしていたもの。
洋書なら線や書き込みがあったり、忘れ去られた押し花がはさんであったり、
古着なら当時の持ち主の名前を見つけれたり、誰かの色んな記憶を見つけるのが古いものを楽しむ
醍醐味だったりします。


 



これは、ロンドンの蚤の市に行ったときに子供に買ったヴィンテージのコート。



タグにはWALTERS HAMISH という名前が書いてあるんです。
WALTERSはドイツ系の名前 、HAMISHはスコットランド起源の英語の男性名。
何だか、これを来ていた男の子のイメージが湧きませんか?
兄弟とも愛用して、次男も去年の冬でサイズアウトしてしまったけど、捨てれないものの1つ。
少なくとも、3人の男の子に愛用されたこのコートは、満足げにも見えます。笑


 


自宅のあちこちにある古いもの。
漆喰壁に閉じ込めた古い手紙。



 


洋書に挟まれていた、誰かにとって大切だった切り取られた新聞の記事。



 


ガラスの小さなインクボトル。



 


メルスリーで切り売りされてたであろうリボン。数字のフォントがかわいい。



 


 


辰巳さんのこのほかの記事はこちら


辰巳若菜 たつみわかな

アンティークショップ勤務を経てインテリアスタイリストとして独立。『Come home!』では、長年にわたって連載をもち、雑貨やインテリア、DIYのアイデアを提案。

今週の人気記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved for at least 5 minutes.

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line