• TOP
  • 雑貨と家具
  • パリのクリスマス イギリスの田舎の風景に憧れて

パリのクリスマス イギリスの田舎の風景に憧れて



私のカントリー№115

2021.12.14

今週も、好評発売中「私のカントリー№115」より、パリのクリスマスをピックアップ。


パリを取材しているのに、なぜかイギリス味なクリスマスという、パリのクリスマスをお楽しみください。


パリのカントリークリスマスVol.3


セーヌ川左岸にたたずむ、「テ・リトワール」というサロン・ド・テ。


今回はこちらをご紹介します。



サロン・ド・テとは、いわゆるティーサロン。


フランスではよく見られるお店の形態だそうです。


ケーキなどお菓子をいただきながら、紅茶を楽しむスタイルが、サロン・ド・テです。



オーナーは、サラリーマン時代、「定年になったらサロン・ド・テを開きたい」という夢をもっていたそう。


その話をしたところ、友人に、「今からやったら?」と励まされ、仕事をやめてイギリスで修行。さらにパリの名店で修行を重ね、ついにオープンしたのが、このお店なのです。



クリスマスディスプレイのテーマは、イギリスの田舎の風景。


私たちカントリーファンがイギリス・コッツウォルズに憧れるように、パリの方々も憧れていらっしゃるのですね。



みなさんは、クリスマスのディスプレイをするときに、何を意識していますか?


フランス風ですか?イギリス風ですか?それとも自分流ですか?


そろそろ、クリスマスの準備が始まりますね!


 


「テ・リトワール」のHPはこちら。


カントリークリスマス2021の記事はこちらもごらんください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


こちらも、ぜひごらんください。


「私のカントリー№115」p8~



次にご紹介する動画は、「私のカントリー№115」のp84~




 



「私のカントリー№115」は現在好評発売中!


 


「私のカントリー№115」掲載の「私のカントリーフェスタ」の様子はこちらをご覧ください。



今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line