青柳啓子さんの愛用エコバッグ



青柳啓子さんの暮らし方

2022.1.10

『私のカントリー』で好評連載中の「青柳啓子の暮らしのいいものちょっと教えます!」より、お気に入りのエコバッグの数々をこちらで少しお見せしましょう。ぜひ、みなさまの暮らしにもお役立てください。



青柳啓子さん


ライフクリエーター。素敵なも・ことを見つけるアンテナを常に張って、連載で披露してくれます。https://www.facebook.com/AoyagiKeikoFanPage/


ベトナムで見つけた軽いバスケット


今やエコバッグは外出にはなくてはならないものですが、私にとっては以前からの必需品。よく持ち歩いていたものです。改めて見直してみたところ、何年も前に海外で見つけたバッグもあって、ずいぶん長く愛用していることに気づきました。


一番の古株は、荷造りテープのバスケット。20年ほど前に雑誌の取材でベトナムへ行った際、ホーチミンの市場で見つけたのが緑と黒のバスケット。軽くて丈夫、カジュアルな装いでも似合うので、その後ずっと現役で活躍中です。瓶入りの食材を買うときは底が安定していて袋ものよりも持ち歩きやすいので、お買い物かごとして。大小2つを入れ子にした状態で出かけ、買い物後に両手で下げて帰ることもあります。



「数年前からアパレルショップで私の好きな白のタイプが並ぶようになったので、迷わず購入しました。『ハウスオブロータス』や『ユナイテッドアローズ』のものです。それぞれ大中小のサイズをそろえているので、収納にも使えて便利。軽量なのがここでも役立っています。それぞれの幅が、大は40㎝前後、中は35㎝前後、小は30㎝前後です」



誌面では、このほか青柳啓子さん愛用のエコバッグを数種類ご紹介しています。


『私のカントリーNo.114』掲載


撮影/宮濱祐美子


 


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line