• TOP
  • 雑貨と家具
  • 家具づくりのプロが唸るほど、美意識と技が宿ったブックシェルフ

家具づくりのプロが唸るほど、美意識と技が宿ったブックシェルフ



令和の家具辞典

2022.10.14

ICCAが取り扱う家具は、材質や造り、デザイン、様々な視点から選りすぐった大正時代の逸品たち。そこには、当時の名もなき名人たちの美意識や思いやりが詰まっています。


 


*****
No.13「端麗なブックシェルフ」




なんとなくを感じてもらうために


なんとなく美しい。なんとなく良く出来てそうな感じがする。
作り手たちは、その「なんとなく」をお客様に察知していただけるように、日々技術の研鑽と、デザインの探求をしています。


このパッと見はとてもシンプルな、なんとなく美しい棚。
実は、プロが唸る類の、美意識と技の粋が宿っている家具です。



美しさの完成度


この棚は、剣留(けんどめ)と呼ばれる極めて複雑な技術によって接合されています。
剣留は、縦と横の、装飾面が途切れないように綺麗につなげるための技法。


この技によって5本の帯のような面取り意匠が途切れずにつながっています。


この、面取り意匠がつながっているかどうか、きっとそれは言われてはじめてきづけるような些細なこと。でも、ここに手間暇をかけることによって、美しさの完成度が高まる。


その完成度の高さこそ、「なんとなくいい」という感覚を引き出すものなのではないか、私たちはそう考えています。



「玉杢」と呼ばれる泡のような木目


引き出しの前板には玉杢(たまもく)と呼ばれる木目を備えた欅(けやき)材が採用されています。
玉杢の欅はその希少性から、薄くスライスして貼ってその木目を楽しむ、というような使われ方をするほど高級な材。その材を惜しみなく板でそのまま使う、贅沢な材料使い。


さらに、この見どころのある木目の材を、左右で線対称に使っています。
木目が左右反転して同じであることから、ダイナミックなその柄もシンプルに纏まってみえる。


この木目の見せ方も、均整の取れた美しさを生むひとつのエッセンスとなっています。


材料選びからその使い方、そして接合の仕方、装飾面、造り手のあらゆるこだわりが詰まったブックシェルフです。



「端麗なブックシェルフ」
W81.7cm
D36.8cm
H92.2cm


MATERIAL:杉材、欅材


その他の「ICCA」の記事はこちら


*****
ICCA
千葉県香取市北3-1-17
TEL047-877-9087
HP/https://icca-life.com/
Instagram/@icca_life
店の営業日はHP にてご確認ください。


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line