大好きなカフェで過ごすような時間を持てる理想を形にした自然素材の家



新築施工事例

2020.11.27

子どもの成長に伴って、一戸建てを検討し始めたKさん。もともとカフェめぐりや雑貨集めが趣味で、自宅もカフェのような家にしたいと思っていたそう。そんな折に出会った工務店が「Skog(スコーグ)のいえ」。おしゃれなデザインだけでなく、暮らしやすい間取りや動線、自然素材中心のこだわりにとても共感し、お願いすることに決めたそうです。


大きなテラスドアが目を引く
自然素材いっぱいのリビング


キッチンに立った時に見えるこの景色が、Kさんのお気に入り。格子付きの大きなテラスドアや、吹き抜けに見える梁材、真っ白な塗り壁など、どれもこだわって選んだ素材です。

無垢パインの床材は、素足で歩くとほんのりと温かみがあり足触りも柔らかいのが魅力。

リビングの吹き抜けから見上げた時に見えるアンティークな梁と可愛らしい内装窓。2階に居ても、家族の気配を感じることができて安心です。

リビングに面したテラスドア。日中はぽかぽかした日の光が差し込むので、家族とリビングで過ごす時間もふえたそう。暗くなれはテラスドアから漏れる温かな光が、帰宅した家族を優しく迎えてくれます。


おうちカフェが楽しめる
ナチュラルダイニング


家族の食事はもちろん、友達を呼んでカフェタイムを楽しむダイニングスペース。キッチンの腰壁は板張りにして、ナチュラルな雰囲気に。


キッチンにも可愛いこだわりを詰め込んで


Kさんが思い切って選んだというグリーンのタイル天板は、大満足の可愛さ。キッチンの隣には家事室、洗面室が並び、水まわりの“直線家事ラク動線“が家事の時短にとっても役立ちます!

家事室から見る、アール開口越しのキッチンがとても好きな眺めだそう。こだわりのテラコッタタイルや木製扉など、選んだすべてがお気に入り。


家事室はママの“お城”です!


お気に入りの雑貨を好きなだけ飾った家事室。「大好きなコーヒーと音楽を楽しみながら読みたかった本を読む時間は、まさに至福の時。家を建てて良かったと心底感じる瞬間です。」とKさん。


この家一番のこだわりは、キッチンの真横に設けられた家事コーナー。家事をこなすのはもちろん、自宅にいながらまるでカフェで過ごしているかのような、一人の時間を満喫できる最高の空間なのです!


広々とした玄関の先には洗面室を配置。リビングを通らずまっすぐ手を洗いに行けます。


こだわったパーツは
目にするたび楽しい気分に


こだわりの蛇口とポップなモザイクタイルを使った洗面化粧台。朝の出勤前の慌ただしい準備も、その可愛らしさがほっこりさせてくれます。

スイッチプレートもこだわって、全てアメリカンスイッチに。「少しだけコストアップにはなりましたが、妥協しなくて大正解です!」とKさん。


外観はまるで
絵本に登場するような可愛さ


真っ白な塗り壁と、マーブル柄の瓦屋根がどこか懐かしい雰囲気の外観。

窓の格子と木製の鎧戸が、南仏の家のような可愛らしさを演出。木製のサッシは、見た目の雰囲気の良さと高い断熱性で、一石二鳥の優れものです。

カバードポーチの広さもこだわったポイント。玄関ドアも木製断熱ドアを選びました。本物の木の風合いに、毎日惚れ惚れしているそう!

取っ手一つにもこだわってセレクト。アンティークな色と形が素敵です。


おしゃれなだけでない、高い実用性もしっかりと考えられているKさんの家。一人の時間も大切にすごせて、「“Skogのいえ”さんが、私が思い描いていた理想の家を全て形にしてくれました」と大満足です。


MY HOME DATA
家族構成/夫婦+子供3人
建築費用/2410万円
建築面積/122.56㎡(37.07坪)
施工/Skogのいえ


Skogのいえ

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line