スキップフロアのダイニングやカウンターで毎日カフェ気分を味わえる家

2021.2.12

<森﨑加奈子さんの家>
家を建てるなら、人とは違う家にしたい――。その参考にしたのがカフェでした。家づくりを依頼したのは、以前から知っていた「フォルカ」。 私たちの思いをくんで、うまく形にしてくれただけでなく、カフェらしい細かなアイデアを次々と提案してくれました。


約5畳ほどのダイニングは、高さ 40cmの段差をつけました。リビングとひと間続きですが、ゆるやかに空間が区切れます。 床材は130mm幅のパイン材をセレクト。「オスモカラー」の工務店オリジナル配合色で 、仕上げてもらいました。

ダイニングの床下スペースを収納に。ティッシュ箱などの日用品を入れるのに重宝。

ダイニングの吹き抜けからは 、2階で遊ぶ子どもの声が聞こえて 、いつも家族の気配が感じられるんです。

リビングのドアは、 チェッカーガラスを使った工務店のオリジナル。仕上げは落ち着いた濃い茶色に。

1階の壁は「フォルカ」オリジナルの自然素材を使った漆喰仕上げに。1面だけ薄いグレーを塗って 、表情に変化をつけました。


いちばんのお気に入りは、 スキップフロアのダイニング。ひと間続きのLDに変化がつき、カフェっぽい雰囲気にしてくれました。


業務用のようなステンレスキッチンは
広くて使いやすく掃除もラク


料理が得意じゃないからこそ 、使いやすく 、 収納場所がすぐわかる、 すっきりキッチンをつくりました。キッチンは「EIDAI」の”ゲートスタイルキッチン”。ステンレス製なので 、汚れがつきにくく 、掃除がラクなんです。

タイルひとつにも個性を出したくて、「エクシィズ 」の深いグリーンをセレクト。


背面に設けたパントリーのおかげで収納力も充分!


キッチンの手前には約1畳ほどのパ ントリーを設けて 、食材やキッチンツール置き場に。壁面には 、厨房機器の「タニコー」の食器棚をつけました。


キッチンの流し台や調理台、食器棚は厨房のようなイメージでステンレス製のものを設置。ダイニング側には、カフェ風のカウンターをつけてもらったことで、 本物らしさを表現できました。友達が遊びに来ると、「本当にカフェみたい!」ってほめてくれるのがうれしくて。 子どもたちも、友達を連れてくるのがうれしいみたい。この家を建てたことで、今まで以上ににぎやかで楽しい生活を手にしました。 


キッズスペースは内窓をつけて目の届きやすい位置に


8歳 、5歳 、3歳と子どもが小さいから 、目が行き届きやすい2階へ続く踊り場にキッズスペースを設けました。 ダイニングやキッチンから子どもたちの様子がひと目でわかるよう 、造作のガラス窓をつけてもらいました。

キッズスペースの照明は、アンティークショップで買ったシザーランプです。造作してもらった本棚との相性もバ ツグン。


玄関の手洗い場が便利です


玄関に手洗い場を設けるアイデアは雑誌からヒントを得ました。 帰宅したらすぐに手を洗える動線のよさや、 見た目の面白さもお気に入り。手洗いシンク「CERA」の”DV031348-00″は、見た目が可愛いうえに、狭い玄関にもぴったりです。81000円。「名古屋モザイク工業」のタイルを床材に。色はグリーンの180番です。7700円/m²。

トイレを玄関脇に設けたので 、少しでも可愛く見えるようグリーンの扉に。床のタイルとなじみます。


寝室は壁紙の色選びにひと工夫


夫は夜勤がある仕事だから、昼でも落ち着いて眠れるよう、「リリカラ」の濃紺の壁紙を選びました 。 寝室にあるドアを開けると、バルコニーにつながります。洗濯機が2階にあるので、洗濯動線もいいんです。

2階の廊下の手すりには、アイアンの柵を設置。要所に黒が入ることで 、ほどよい引き締め役になっています 。


子ども部屋の壁紙は明るい色に


子ども部屋の壁面は 、明るい雰囲気になるよう「リリカラ」のグレーを選びました。 将来2つに仕切ることを考え、ドアを2カ所設置。壁紙とも合うよう 、濃淡で分けたラベンダー色に。


洗面所はカッコよく仕上げたくて
モルタルやタイルを取り入れました


ベースの洗面台はモルタル仕上げの造作。シンクは「TOTO」の”病院用流し SK106 “を選びました。 風呂場の入り口床には、「名古屋モザイク工業」”ヘキサゴン”を張ってもらいました。 大型の収納棚は 、着替え置き場に。


家づくりで注意したのが、 全体のバランス。好きなものはどんどん取り入れつつも、ひとつのテイストに偏らないよう、異なる色や素材のものを組み合わせました。 たとえば、LDKは無垢の床や塗り壁など、自然素材を第一に。そのいっぽうで、トイレや寝室の壁には、壁紙でカラフルな色を取り入れました。引き締め役に、黒やモルタル素材の建材も使用。自然素材との相性がよく、「甘すぎず、カッコよすぎない」ミックススタイルに仕上がりました。


外壁は漆喰で仕上げました


外壁に塗ってもらったのは「フォルカ」オリジナルの漆喰。アイボリーのやさしい色合いに調色してもらいました。


好きな素材を集めたなかでも、食洗機や外構など、予算の都合であきらめた部分も。でも、お金に余裕ができたら、そこにも手を加える予定です。まだ子どもが小さいから、今は凝った料理を作ったり、模様がえをする時間がなかなかとれません。いつか子どもが手を離れたら、少しずつ楽しめるよう、焦らず暮らしていきたいです。 


MY HOME DATA
竣工年月/ 2014年7
マイホーム取得年齢/36歳・妻 36
取材時の家族構成/夫婦+子ども 3
建物価格/ 3000 万円( 2 世帯住宅)
坪単価/ 65万円
延べ床面積/ 151.53m²(45.84 ) ( 1 / 79.49m² 2 / 72.04m²)
構造・工法/木造 2 階建て( 2 × 4 工法)
施工/株式会社フォルカ

086-805-2560 岡山県岡山市南区新保679-14
http://www.folka.jp 


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line