アンティークのかわいらしさとインダストリアルをミックスしたシャビースタイルの家



新築施工事例

2021.2.23

ナチュラルな雑貨やアンティークをずっと集めていたTさん。工務店「Ideal Home(アイディール ホーム)/株式会社ウエストビルド」の見学会に参加し、雑貨やアンティークがよく似合う住まいを見て、「こんなイメージの家が建てられるんだ!」と衝撃を受けたそう。そのことがきっかけで、この工務店との家づくりをスタートさせました。


LDは雑貨のディスプレイが映える空間に


LDはパティオに面した明るい空間。床はオーク材。壁にはお気に入りの作家が造った植物の標本を貼り、壁面のディスプレイも楽しんでいるそう。


リビングのコーナーに設置した船舶用のペンダントライトは、アンティークが好きなTさんが「素敵!」と思って購入したもの。家づくりの段階で、大きすぎるかなと思いながらも「どこかに使ってください!」と工務店にお願いしたそうです。Tさんの想いをくみ取ったコーディネーターさんの提案で、壁面のディスプレイが引き立つ位置に取り付けました。


掃き出しサッシは輸入の木製窓を使用。こだわりたい場所に取り入れて、ヴィンテージ感を演出しています。

好きなモノに囲まれた空間で、休日の一人時間を楽しむTさん。

Tさんが大切に集めてきたナチュラル雑貨やアンティークが、そこかしこに。

リビング空間のアクセントに、壁の1面だけブリックタイルを貼りました。


LDの窓の外にパティオを設けました


LDKから目が届くところに庭が欲しかったというTさん。子供のプール遊びなどでも大活躍の場所です。


LDKの目の届く所で子供たちが外で遊べるようにという想いから、パティオに面してLDKをコの字型に配置した間取りにしたそう。光や風がたっぷり入り、大人も外に出てお茶を飲んだり、室内から緑を眺めて楽しめる空間になりました。


キッチン対面にカウンターを設置


カウンターは子供の勉強スペースにも。宿題などを見ながら料理ができるようにしました。


キッチンはヴィンテージ感のある落ち着いた雰囲気に


造作食器棚は家電の使い勝手を考えたオリジナルデザイン。勝手口からはパティオへつながります。

キッチンもオリジナルデザインです。タイルカウンター、ワークトップ前には調味料置き場も設け、収納しやすい設計。コンロ周りには汚れが目立ちにくいブリック、床は風合いのある大理石タイルを貼っています。


キッチンは味わいのある古材を柱やカウンターに使い、長年暮らしたような落ち着き感を演出。造作キッチン、食器棚はヴィンテージ感のある色や質感に仕上げ、大満足のキッチンになりました。仕事から疲れて帰ってきても、「理想どおりのキッチンのおかけでやる気が出ます」とTさん。


LDKの隣にはアトリエが


たっぷり収納できる本棚と、手芸を楽しむ造作カウンターを設けました。手芸のほかにも家族が仕事をしたりするため、広めにスペースを取っています。床はヘリンボーン張り、天井は板張りの勾配天井に。ドアは付けず、アーチの開口で緩やかに空間を分けています。


子供部屋はセパレート可能です


子供部屋は将来的に2室に分けられるように作りました。床は丈夫なクッションフロアでお手入れも簡単。


洗面化粧台はレトロな雰囲気で造作


化粧洗面台は昔の小学校をイメージして造作。タイルカウンターに陶器のシンクを組合せて、レトロな雰囲気に。


浴室、洗面、洗濯室は2階に配置。2階のバルコニーへと洗濯動線がスムーズで、家事がしやすい間取りです。


トイレの手洗いは、モザイクタイルで造作しました。丸いボールにレトロな水栓を組合せています。


玄関ホールにもお気に入りの雑貨を飾って


玄関ホールはコテ塗りの漆喰壁と無垢の床材の組み合わせ。アンティークのミラーを壁にかけ、お出かけ前の身支度チェックの場所に。木製の玄関ドアもオリジナルデザインです。


外観もすみずみまでこだわりが光ります


漆喰塗りの外観と、アーチ開口のカバードポーチが優しい雰囲気。アプローチにはアンティークレンガ、駐車スペースには枕木を敷いています。


夫婦共働きのため、子供、家族の時間を大切にしたいというTさん。そんな優しい想いで満たされた、充実した時間を過ごせる住まいの完成です。


MY HOME DATA
家族構成/夫婦+子供2人
建築面積/56.72㎡(1階52.99㎡、2階54.24㎡、延床面積107.23㎡)
敷地面積/128.98㎡
施工/株式会社ウエストビルド


Ideal Home/株式会社ウエストビルド

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line