効率よく家事ができる動線を工夫! 上手に仕切られてメリハリのある暮らしができる家

2021.2.17

<杉浦あゆみさんの家>
フルタイムで働く私にとって、いちばん大変なのは毎日の家事。効率よく動けるように、家づくりでは動線を第一に考えてもらいました。


玄関入ると、サニタリー
パントリー、キッチンという動線に

帰宅後、すぐに料理にとりかかれてラクです


廊下の先の開口を進むと右に玄関、左がサニタリー。まっすぐなので、掃除するのもラクです。

本棚はオープンなので、リビング側は雑貨を飾って向こう側が見えにくいように。天井の垂木をアクセントにしました。ペンダントライトはレトロな真鍮のブラケットの「ART WORK STUDIO」のレイトンペンダントとエジソンバルブE26/60W G125電球。

ダイニングテーブルと棚はパイン集成材で造作。テーブルが広いので、息子が宿題をしている横で仕事ができます。


音や匂いが広がりにくいので
気がねなく料理ができます


キッチンは「パナソニック」のラクシーナ。壁には汚れが目立たないよう、モザイクタイル柄のキッチンパネルを。雑誌で見て憧れていた黒いアイアンの内窓を造作。開閉式にしたので、リビングにいる家族に声をかけやすくて。


キッチンで料理しながら洗濯も同時進行できるよう、パントリーの隣にサニタリーを配置。鍋に火をかけている間、さっと移動して洗濯物を仕分けしたり、洗濯機のスイッチを入れたりするのもすぐです。サニタリーは玄関上がって右手にあるから、手洗いしてLDに入る流れをつくれたのも、よかったこと。また、キッチンを壁で囲ったのもこだわりです。早朝や帰宅後の限られた時間でも料理に集中できるし、料理の音や匂いもLDに広がりません。空間にもメリハリがついたし、カフェのキッチンのような可愛さも気に入っています。


本棚でLDを間仕切りました
家族がいても仕事に集中できて助かります


リビングとダイニングは本棚やスキップフロアで空間を間仕切り。ダイニングには高窓を設けたので、明るくて!塗り壁材は、「四国化成」の珪藻土、けいそうモダンコート。調湿作用で、空気がサラッとしているし、結露を抑えてくれます。床材はパインの無垢材。奮発して21㎜厚のものを選んだので、冬でもひんやりせず、素足でもすごせるほどです。


階段はリビングに設けた棚の後ろに配置。階段が暗くならないように、棚は背板のないスケルトンタイプに。


リビングとダイニングの間に設けた本棚のおかげで、家族との心地いい距離感もうまれました。コロナ禍で在宅勤務がふえたけれど、リビングに家族がいても、仕事がサクサクはかどります。


夫婦そろってアウトドア好き
道具をしまえるインナーガレージでは
お手入れしてすごす楽しみ方も


木を生かしたデザインにして、レンガ柄の壁紙をアクセントに。右の玄関とは引き戸でつながっています。


私はスノーボード、夫はサーフィンや釣りと、夫婦二人そろってアウトドアが大好き。ボードやウエアなど、場所をとる道具が多いから、たっぷりしまえるガレージも絶対にほしかったんです。わが家を担当してくれた工務店「Select工房」の猪原さんが提案してくれたのは、インナーガレージ。玄関とガレージが土間でつながるので、わざわざ外に出なくても行き来できるんです。道具のメンテナンスで手が汚れてしまっても、サニタリーが近いのですぐに洗えるから便利。木を生かした雰囲気で仕上げてくれたので、居心地もよくて。


2階に本棚と手洗いシンクを設け
物干し竿をつけました


本棚の上には昇降式の物干し竿をつけました。洗面台の横にクロゼットがあるので、乾いたらすぐにしまえます。手洗いシンクは「サンワカンパニー」のハトリア ピアットWA02011。コンパクトな形に合わせて、カウンターを作りました。


また、漫画も好きで、たくさんの本をしまえる収納もかなえたかったこと。1階だと生活感が出てしまうので、2階の廊下の一角に本棚を設けました。寝る前に、本を取って寝室に入れるので、ここにつくって正解でした。


玄関ドアの上の小窓を開けると
空気が心地よく流れます


間取りだけでなく風通しも重視したことのひとつ。玄関を閉めた状態でも換気できるよう小窓をつけました。玄関ドアとインナーガレージの折れ戸はともにホワイトアッシュ材で造作。ガラスを入れたので、玄関が明るく!


袖壁を取り入れた外観も気に入っています


隣の家との距離が近いため、外からの視線を遮れるよう、袖壁を長くとった造りに。デザイン的にもお気に入り。ウッドデッキは杉材で作ってもらいました。リビングと高さをそろえたので、室内とのつながりが生まれました。外壁材は「日鉄鋼板」の遮熱耐摩カラーSGL 耐摩グレー。ガルバリウム鋼板は、さびにくく、耐久性があります。


庭にはランチも楽しめるウッドデッキも造作。好きを詰め込んだおかげで、自粛要請中ものんびりすごせました。


MY HOME DATA
竣工年月/201612
マイホーム取得時年齢/夫41歳、妻38
取得時の家族構成/夫婦+子ども1人
建物価格/2130万円
延べ床面積/114.89(34.75)(1階/63.55㎡ 2階/51.34)
構造·工法/2階建て(木造軸組工法)
施工/Select工房株式会社

坪単価 6270万円
053-489-8555
静岡県浜松市西区雄踏町山崎 6265-1
http://select-k.co.jp/


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line