庭とつながる広いカバードポーチが開放的! アウトドア好きが暮らす家



新築施工事例

2021.2.18

<前島 梓さんの家>
なにげなく開いた住宅雑誌に載っていたカバードポーチがある家。おしゃれな雰囲気に感動して、その1枚の写真から、私たちの家づくりは始まりました。10軒近い工務店に足を運んだ努力が実を結んで、私たちの好みをよく理解してくれる「HUGHOME」に出会うことができました。


庭と一体化した家をテーマに
広いカバードポーチを設けました


70年代のアメリカの家っぽいレトロな外観に。外壁材は完全防水の「 高千穂シラス 」スーパー白洲そとん壁 W。


希望したのは平屋。夫はそれまでマンション暮らしでワンフロアでの生活に慣れていたし、2階建てにすると高齢になったとき、階段の上り下りが大変そうと思ったことが決め手です。条件にしていた、キッチンから家じゅうを見渡せて、子どもたちの様子がひと目でわかる間取りも平屋なら形にしやすくて。


造作のブランコは家族の憩いの場 


木の床と柱は米杉で造作してもらいました。柱には白いラインを入れ、アクセントに。ひさしが長く、雨の日でも遊べるから、子どもたちに好評です。

子どもたちに大人気のブランコも造作。

門柱には沖縄産の花ブロックをあしらって南国の雰囲気を演出しました。

玄関ドアはナチュラルな雰囲気が素敵なスウェーデンの「Snickarper」の断熱玄関ドア。約35万円。ポーチ側の外壁は 、レッドシダーのベベルサイディングにしてカッコよく。


念願のカバードポーチも実現。リビングダイニングからすぐに出られる配置にしたので、家と庭との一体感が生まれました。ベンチを出してひと息ついたり、ブランコをつけて遊び場にしたり、いろいろな使い方が楽しめます。特に息子は、友達を呼べるようになったのがうれしそうです。


庭からの光のおかげでダイニングが明るく!


南に面した掃き出し窓からたくさんの光が入るので、明るいんです。冬でも暖かくすごせるのもうれしい点。 LDKと玄関の間をガラスの間仕切りにして、部屋が広く見えるように。帰宅した家族の気配を感じられて安心です。床材は落ち着いた木目の秋田杉をセレクト。保温性がよく、朝、出勤前に切った暖房の暖かさが 、夜まで続きます。


明るいキッチンは両側がリビングにつながっています


キッチンの両側を LD につながる通路にして回遊できるように。コンロの前にはガラス製の油はねガードを。 壁のタイルは白一色だと単調なので、 ブルーのタイルをアクセントに張りました。「杉浦製陶」の BENT。 16000円/m²。レンジフード は「アリアフィーナ」の Arietta。 約18万円。 流し台のワークトップのステンレスと雰囲気を合わせました。キッチンは 「ウッドワン」の su:iji(スイージー)。 取っ手をアイアンに。 98万円。シャワー付きの水栓金具は「SANEI」 の混合栓 SUTTO。

天窓を設けて明るいキッチンに。造作のバックカウンターは、キッチンと木の色みを合わせました。


玄関はアウトドア用品の収納や手入れの場所にも


サーフィンやスノーボード 、 キャンプなどアウトドアが好きな私たち夫婦。 大きなギアもストレスなくしまえるよう、玄関を広くつくったのもこだわりです。 よく履く靴は棚に 、残りは納戸に収納しています。ワゴンは「パシフィックファニチャーサービス」で購入。

ダークグリーンのカーテンの奥に納戸を設けました。広い土間はアウトドア道具の手入れをするのにも便利な空間。


子どもに手洗いの習慣が身につくよう 、玄関に手洗い場を。鏡は「パシフィックファニチャーサービス」のもの。壁のタイルは「聖和セラミックス」のタイルを2色使い。 16000円/m²。ヘリンボーン柄に張ってカッコよさをアップ。 洗面シンクは「TOTO」の SK6。 約20000円。幅が広く、奥行きもあるので 、水の飛び散りを気にせず、手洗いできます。


各コーナーにもこだわりを詰め込みました。玄関はかしこまった感じにしたくなかったので、広い土間をつくり、収納力のある納戸を配置。夫婦でアウトドアが趣味なので、大きな道具が多いけど、それらを手軽に出し入れできるのはありがたいです。


明るいリビングはハウス形の間口がポイント


暗くならないように、天窓を設けました。スカイブルーの戸の間口をハウス形にして、空間にアクセントを。ソファは「SWITCH」のクラウドソファー2.5P。約21万円。ゆったり腰かけられるので 、心地よくすごせます。

寝室として設けた部屋は 、今は子どもの遊び場として活用中です。1面に黄色い壁紙を張り 、遊び心をプラス。


子どもたちの遊び場として使っている夫婦の寝室は、間口をハウス形にして、可愛く。キッチンから遊んでいる様子を見られるので、料理にも身が入ります。そんなこだわりのおかげで、主人はこれまで以上に家事や子育てを手伝ってくれます。この家のおかげで、家族のつながりがさらに深まりました。


MY HOME DATA 
竣工年月/ 2018 5 
マイホーム取得年齢/39歳・妻37 
取材時の家族構成/夫婦+子ども 2  
建物価格/ 2600万円

延べ床面積/ 94.40m² (28.56 ) 構造・工法/木造軸組工法 
施工/ HUGHOME

坪単価 90万円
048-299-2055

埼玉県川口市木曽呂 976
https://hughome.net 




今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line