築36年の3LDKを広々としたアトリエのある部屋にリノベーションした家



リノベーション施工事例

2021.6.14

※この記事の詳細は、2019年発行『リノベーションでかなえるカッコよくすっきり暮らせる家』に掲載されています。


<今崎なつきさんの家>
以前は2Kのアパートに住んでいた私たち。当時から布作家として活動していた私は、小さなちゃぶ台の上で裁断やミシンがけをしていました。 娘が生まれて広い家を探しはじめたころ、個展でお世話になっているショップが古民家をリノベーションしたのを見て、その変貌ぶりに感動! 私たちもリノベの可能性を試したくなりました。


家族の気配を感じながら
布作家としての製作をしたくて
行き着いたのがこの形でした


キッチンの調理台とテーブルを一体化したことで空間を無駄なく使えるように。天板は木目を生かせるガラス塗料で仕上げを。

シンクは「松岡製作所」でオーダー。水栓金具は「Nicolazzi」3450-75C。色はポーリッシュド・ニッケルを選びました。

キッチンの床はモルタル仕上げに。食器を収納できる、アンティークチェストみたいな家具を作ってもらいました。奥の冷蔵庫が置いてあるところがパントリー。


キッチンのすぐ横がソファーコーナー。キッチンの中に立ったときリビングやダイニングにいる人と目線が合うようキッチンを1段下げました。


LDだった場所を広いアトリエに


もとは、ふすまで仕切られた、こま切れの間取りでした。 もとのLDにアトリエスペースを設け、作業台とミシンテーブルを造作。イメージは真っ白なギャラリー。

天井は躯体現しで空間に広がりをもたせました。エアコンは業務用。床材は「WOODPRO」の杉の足場板で4970円/m²。住宅には向かないと言われたけど、お店みたいな雰囲気にしたくて採用。


こだわったのは、家族のそばで製作ができる間取り。キッチンとテーブルを一体化することでアトリエスペースを捻出し、造作してもらった大きな作業台を置きました。結果的に、料理をしながら、製作をしながら、家族とおしゃべりできるのが幸せです。リノベーションが成功したのは、「内装をどうしたいか」だけでなく、「どんな暮らしがしたいか」をしっかり聞いてくれた施工会社のおかげ。限られた空間で何を優先するか、考え抜くことができました。


個室を壁で囲ってしまうのではなく
カーテンと格子戸でゆるやかに仕切りました
家族の距離が近く感じられ、コスト削減にも


狭い洗面所だけど、真っ白なタイルとシンクを使って洗面台を造作してもらって、小さくても大好きな空間に。

シンクは「TOTO」のSK7で20100 円。水栓金具はキッチンと同じメーカーで エレガントに。「Nicolazzi」1455-69で67000円。

洗濯機はカーテンで目隠し。キッチンとリビング両方から出入りできます。床はモルタル仕上げに。

パーツは真鍮で統一。照明、ドアノブ、タオルハンガーなど家の中で使うパーツは真鍮に。経年変化でくすんでアンティークのようになっていくのが楽しみ。


共用廊下側の窓際はクロークに


もとはマンションによくある手狭な玄関でした。元洋室の共用廊下側の一角をクロークに替え、ポールをつけて上着をかけられるように。


寝室は狭くなったけど、寝るだけなので問題なし。格子戸の仕切りは圧迫感がなく、寝るときに白いリネンのカーテンに囲まれると落ち着きます。


わが家に来た人はみんな驚くのですが、寝室にも子ども部屋にも壁やドアがありません。格子戸や手縫いのカーテンでゆるやかに仕切ることで、 家のどこにいても家族の存在がわかるし、気軽に会話ができるようにしています。仲がいいからこそできる間取りなのかもしれません。壁やドアをつけなかったぶん、コストも削減できて一石二鳥です。


主なリノベーション箇所は


間取りの変更(3LDK → 2LDKに 、キッチンを移動、玄関スペースを拡張、WIC造作)、 天井を躯体現しに 、キッチン以外の床を上げる、キッチン造作、バックカウンター造作、パントリー造作、洗面台造作、アトリエテーブル造作、寝室と子ども部屋の仕切り造作、床を古材に張り替え、トイレ入れ替え、トイレとWICのドア造作、玄関を土間に、など。


コストの話をすると、最初やりたいことをすべてリストアップしたら、予算を150万円もオーバーしてしまって。思いきって引き算せざるを得ませんでした。大きかったのは、夫がひとりで壁紙をはがし、壁と天井を塗装してくれたこと。それはそれは大変でしたが、夫はDIYに興味があったので、そこから火がついて楽しくなったみたい。収納が足りないところは棚を作ってくれたりと大助かりです。 私も家じゅうのカーテンを手縫いして一緒に家づくりを楽しみました。おかげで、リノベーションを通してさらに仲よくなれた気がします。


今崎家 リノベーションDATA
家族構成/今崎なつきさん45歳、夫47歳、娘8歳
築年数/ 36 年
間取り/3LDK →2LDK
延べ床面積/ 79.95m²
物件購入価格/2800万円
リノベーション費用/850万円
リノベーション面積/ 79.95m²

施工/スマサガ不動産
施工会社住所/東京都渋谷区神宮前 2-31-7 ビラ・グロリア 201
TEL /03-6812-9886
HP/https://suma-saga.com/


★Come home! HOUSINGの大人気リノベーションシリーズの新刊『中古マンション・戸建てをリノベーションしてカッコよくくらす』が、2021年6月29日発売予定です。ご興味のある方は、ぜひ、お近くの書店か、ウェブ書店(Amazon楽天ブックスでご予約ください。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line