• TOP
  • 天井梁や照明がお気に入り! 子どもの将来を見据えたマンションリノベ(千葉県)

天井梁や照明がお気に入り! 子どもの将来を見据えたマンションリノベ(千葉県)



リノベーション施工事例

2021.10.25


子どもたちの小学校入学までに間に合うように、計画的にマイホームのリノベーションの検討をスタートさせていたKさん。ご主人は仕事柄、新築マンションを見ることが多いそう。ですが、新築よりも中古+リノベに魅力を感じ、マイホームを持つならリノベがしたいという思いを持っていました。リノベ会社へ相談する約1年前から本や雑誌で勉強を始め、リノベやマンションの構造などへの理解を深めていたのです。


熱心なご主人が特にこだわったのが
造作梁と照明でした


たくさんの時間をかけて悩み、こだわりをたくさん詰め込んだLDK。主役は、なんといっても天井の造作梁です。リノベならではの存在感を演出しています。

造作梁は空間にアクセントを加えるだけでなく、ナチュラルで柔らかな印象に仕上げてくれることから、絶対に取り入れたかったものの一つだそう。

リビングの一角にはハンモックを吊るして、大人も子供も嬉しい理想の遊び場を設けました。

子供部屋の入口はリビング経由にしたかったそうですが、間取り的に難しく断念。代わりにリビングの入口を移動し、子供部屋の入口を動かすことで、リビングに一旦入ってから子供部屋に入る設計になりました。


梁の間からものぞく黒のスポットライトは、朝晩・就寝前・勉強用など、シーンによって照明色を使い分け、キッチン側面に設置したコントロールパネルで操作できるようになっています。勉強用の照明は、子どもたちにリビング学習をしてもらいたいという思いから、文字が見えやすい色を選定しているそう。


また、リビングの壁や天井には予め下地を施工し、次のリノベにも対応しやすくしています。子ども達が大きくなったら、それぞれにお部屋をつくることも可能に。


念願の対面式キッチンは
カッコいいカラーで


リノベ前は壁付けだったキッチンを、対面式に。奥様の最優先事項でした。

木の温もりの中にアクセントで黒のキッチンを設置。お部屋全体を引き締めてくれる効果があります。

レンジフードの上など、家のいたるところにちょこんと置かれたセンスの良い雑貨も目を引きます。

キッチンは「クリナップ」のステディアを採用。間接照明+ステンレスの天板も、譲れなかったポイントだそう。

キッチン脇の壁は黒板塗装に。お絵かきや、毎日のスケジュール管理などにも大活躍です。


子ども部屋にも快適にすごせる工夫を


子ども達の寝室には、採光と風通しを考えて造作の室内窓を設置。


寝室兼クローゼットは使いやすさも重視


オープンなクローゼットにして圧迫感をなくし、洋服もインテリアの一部に。


玄関までテーマカラーで統一


室内のテーマ「黒・ウォルナット・ステンレス・青」を、玄関にも取り入れています。


さわやかな雰囲気のサニタリー


洗面室の床は、水に強いとされているフロアタイル。洗面台には「toolbox」のタイルを採用しています。機能面もデザイン面も充実した洗面室に。

お手洗いはすっきりシンプルに。ターコイズブルーのアクセントクロスで、遊びゴコロも忘れません。


間取りのビフォー&アフターは
こちらでチェック!


BeforeAfter


家づくりを始める前に、複数のリノベーション会社の相談会や完成現場見学会に、積極的に参加されていたというKさんのご主人。会社を選ぶ条件がいろいろあった中、選んだのは、「株式会社SHUKEN Re(シューケン アールイー)でした。最終的に予算内でどれだけ要望を盛り込んでくれるかが決め手になったそう。


完成後は、ご友人を家に招くこともふえたという奥様。理想のデザインや暮らしやすさはもちろんのこと、家族の将来を考えながら新たにリノベしていける、フレキシブルな住まいになりました!


MY HOME DATA
家族構成/夫婦+子ども2
建築費用/約1000万円
建築面積/約70

施工/株式会社SHUKEN Re


株式会社SHUKEN Re

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line