【可愛い家を建てたい!】11月に掲載した住まいを改めてご紹介します



今月の施工事例まとめ

2021.11.30

Come home! Web可愛い家を建てたい!」では、新築やリノベーションの様々な施工事例を掲載しています。11月にご紹介した9軒の家をもう一度、振り返ってご紹介。ナチュラル、シンプルモダン、レトロテイストなど、今月もさまざまな個性ある家が集まりました。写真をタップすると元記事にジャンプします!


カフェのようなダイニングと広い庭がある
ナチュラルで可愛い家(群馬県)


カフェのような空間にして、キャンプが楽しめる庭も作りたいーー。そんな長島さんご夫婦のこだわりが詰まったナチュラルデザインハウスです。


庭には炉を造り、アウトドアが好きな長島さんご夫婦が楽しめるよう仕上げています。この家を施工した「カントリータウンアンドカンパニー」では、家と一緒に庭づくりも提案してくれるそう。ガーデンシェッドも同社の商品。

料理好きな奥様がこだわったDKには、料理もできる薪ストーブを設置。キッチンから続くポーチにはアウトドアキッチンも設けているので、BBQにも便利です。天気の良い日はポーチでも食事を楽しめます。


1階には主寝室、家事室を配置し、2階には将来の子ども部屋も。憧れ続けた可愛い建物、カフェのような空間、そしてキャンプもできる広い庭。家の中でも庭でも楽しく過ごせる、ご夫婦の長年の夢が形になった住まいです。


素材やパーツ選びから家族で塗った漆喰まで
思い出いっぱいの家(大分県)


家づくりのなかで、夫婦二人で相談して決めることを大切にしたというYさん一家。家じゅうどこを見ても、そのときの思い出がよみがえるそう。


無垢材の床は冷たくないので、お子さんは冬でもはだしのまますごすことも。施工は、大分県の工務店「アズ・コンストラクション」。

子供部屋は壁の一面を天然漆喰「カルクウォール」に。小さな部屋なら、一面だけでも漆喰の調湿効果を感じられるそう。


家づくりがきっかけで、インテリアに目覚めたというYさんのご主人。2階に作った書斎には可動棚を設置し、模様がえや木工も楽しんでいるそうです。こだわりの玄関のタイルや、ご自身で考えたデザインを元に作ってもらったサニタリー、ステンドグラスにも注目です!


×木をベースに
シンプルモダンで統一した
坪庭を囲む家(愛知県)

結婚を機に、実家の敷地内での家づくり計画をスタートさせたHさん。ご夫婦ともにシンプルモダンな雰囲気がお好きで、坪庭やガレージも希望していたそう。


リビングから望む、四季を感じる坪庭。季節の移り変わりをいつでも感じられます。施工は愛知県の「パパママハウス」。

キッチンカウンターには、グレーのモールテックスに真鍮をあつらえました。主張は少なく、遊び心と美しさを感じさせます。


限られたスペースの中、間取りを何度も考えて部屋数を確保し、坪庭を囲むような間取りを実現!室内は白と木をベースに、グレーカラーをアクセントにして統一しました。ビルトインガレージも設け、西海岸を感じさせるカジュアルスタイルに。愛車のアメ車にぴったりの雰囲気です!


古い洋館のような建具や漆喰を生かした
新しいのにどこか懐かしい家(大分県)


味わいが増して飴色になった古家具が似合って、家族みんなが気持ちよく暮らせる家を建てたい--。そんな夢を抱いていたSさんが建てたのは、長年大切に住み継いできたような雰囲気の家でした。


床や柱は、濃い色で着色することで風合いが増して、古い家のような雰囲気に。施工は、大分県の「アズ・コンストラクション」。

朝起きて1階に下りたらすぐ顔を洗って朝食の準備ができるように、階段のそばにサニタリーとキッチンを配置。カウンターのおかげで配膳もスムーズです。


建具は古い洋館で使われているようなものに。リビングの一角に設けた小上がりの和室は、玄関からすぐ入れるような間取りにしています。天然漆喰をふんだんに使った、ぬくもりを感じる「ミルクーヘン」の家です。


【群馬県】
住みやすい間取りがこだわり!

絵本のような煙突屋根の
近所で評判の可愛い家

ご夫婦と男の子2人の4人家族のKさん一家。新しく建てた家は、まるで外国の絵本に出てくるような、広い芝生の庭と煙突屋根のある家です。その可愛さは、建築中からご近所でも評判になっていたほどだそう!


ポーチにはガーデンテーブルを置いて、広々した庭の景色を楽しめます。施工は、群馬県の「カントリータウンアンドカンパニー」。

リビングとダイニングの中心には薪ストーブを設置。冬は暖を取ったり、お料理をしたり楽しめます。ロッキングチェアも相まって、まるでペンションのような雰囲気!


家事動線の良さも考え抜かれた間取りです。キッチン→パントリー→家事室→洗面所→お風呂が一直線で、移動もスムーズ。家事の負担が減るよう工夫されています。


【神奈川県】
53年の中古マンションリノベでかなえた
Dog Firstな家


山口県から神奈川県へ移住し、住まいは中古マンションのリノベーションを選択したMさんご家族。自宅で仕事をしながら、愛犬たちとの時間を大切にするーー。そんなライフスタイルにフィットした家づくりをご紹介します。


LDの床材に使ったのは、建築現場で使われている「足場板」。滑りにくくて傷や汚れが気にならない素材なので、犬たちとの暮らしにピッタリということで採用したそう。施工は、リノベーション専門の施工会社「SHUKEN Re(シューケンアアールイー)」。

リビングの一角にもとからインナーテラス風のつくりになっている場所があり、「ここを利用して、犬がくつろげる場所をつくりたい」と希望したMさん。インナーテラスの床材は掃除がしやすいフロアタイルに。


キッチンの隣には寝室を配置。キッチン→寝室→LDKと回遊できる間取りで、暮らしやすさはもちろん、ワンちゃんたちものびのび走り回れる住まいです。


【大分県】
中2階にピアノコーナーを配置!
家族がのびのびすごせるスイス漆喰の家


アパート住まいの頃は、音の響きが気になる日々だったというAさん。子どもたちにのびのびと過ごさせてあげたい、そんな想いで、「ミルクーヘン」の新しい家を建てました。


エイジングした梁は大のお気に入りだそう。小上がりの和室も便利。こちらの施工も「アズ・コンストラクション」です。

子供たちのピアノの練習と宿題は中2階で。吹き抜けなので音もきれいに響くそう。


中2階は、1階からもコミュニケーションも取りやすい配置です。玄関・洗面・パントリー・キッチンへ一直線で、家事がラクになる動線に。キッチンは広くとって使いやすく、家族が一緒に家事をする機会もふえたそう!


【愛知県】
35年の戸建てをリノベーション!
アンティークが映える二世帯住宅


築35年のご実家を二世帯住宅としてリノベーションしたTさん一家。ご夫婦が大好きな、アンティークの雑貨や家具が似合う住まいに新しく生まれ変わりました。


LDの床は半年かけて悩み、ご主人の希望したボルドーパインの無垢材に。ヴィンテージテイストのテーブルは「アクメファニチャー」のもの。ご主人が集めてきた「アーコールチェア」もよく似合います。

既存の木製アーチドアは状態も雰囲気も良かったので残し、フローラガラスを入れ直しました。「我が家のシンボルです」と、Tさん。モルタルを塗った土間風の玄関床にはタイルを埋め込み、可愛いアクセントに。施工は、愛知県の「スローライフ」。


2階にもリビングを設け、一角にはご主人の書斎コーナーや、ピアノやミシンを置いたスペースもも。キッチンやサニタリー、パーツや照明など隅々までこだわったリノベーションです。


【埼玉県】
大きな吹き抜けが開放的な
手作り感いっぱいの可愛い家


Nさん一家の新しく建てた住まいは、大きな吹き抜けのある家。各所に手作り感や遊び心をプラスした、可愛さいっぱいのマイホームです。


海外映画のワンシーンにでてきそうな吹き抜け階段をリビングに。階段から手すりまで全て造作で、統一感を出すために床の色と合わせました。

キッチン正面の上部にに、屋根と同じ瓦を使った庇を作りました。手作り感のあるオリジナルデザインです。


2階のトイレとホビールームのアーチ扉は、遊び心を取り入れ、あえて低めの高さにしています。キッチンのシンク側の壁や、サニタリーのタイル仕上げも素敵。シンプルモダンな和室や、2つの子供部屋を行き来できるロフトなどにも注目です!


好みのデザインや間取りを考え抜いた新築の家はもちろん、家族のライフスタイルにぴったり合ったリノベーションもどちらも素敵!気になる家の記事をチェックして、家づくりのヒントを見つけてくださいね。


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line