漆喰と無垢材で建てたおしゃれな家の建築費用は?30坪~40坪の場合



comehome Housing

2021.11.16

マイホームを計画し始めたとき、最初に頭に思い浮かぶのが予算。長年あたためてきた憧れや夢があるぶんあれもこれも実現したい!と欲ばりたくなってしまうけれど、予算には限りがあってすべてをかなえるのは難しいことも。そこで、マイホームを建てた人たちの平均建物価格をご紹介します。


3o代のマイホーム平均建物価格は…!?



延べ床面積30~40㎡で、30代夫婦が建てたマイホームの平均建物価格は2508万円(※1)。土地を購入する場合は土地代が、付帯工事が必要な場合は付帯工事費が加算されます。家具購入費や引っ越し代、税金なども必要になってくるため、予算には余裕をもって計画しましょう。
※1 Come home!特別編集Housingシリーズ「30代夫婦が建てた ナチュラルな家」(2021年11月発売)より算出したデータです。


建物価格以外にどんなお金がかかるの?



建物価格は総費用の約70%で、残りの約20%は付帯工事費です。地盤の強度を補強する費用、水道や電気の引き込み費用などで、選ぶ土地の条件によっても変わります。残りの約10%は諸費と呼ばれるもので、契約時にかかる印紙代や土地・建物の登記に必要な手数料など。


家を建てたあとにもお金はかかります!



◆メンテナンス費
家は年月の経過とともに、メンテナンスが必要になります。機械系のトラブルや塗装の劣化、ドアの金物の不具合などに備えて、毎月少しずつメンテナンス費用の積み立てをしておくと、トラブルにあわずにすみます。


◆税金
不動産取得税は土地や建物を取得したあとに、1度だけ支払います。新築の場合、2024年3月31日(※2)までは、条件に合えば軽減措置も。固定資産税・都市計画税は毎年支払う必要があるので、予定しておきましょう。
※2 2021年12月現在の情報です。


もっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ!


そんなマイホームのお金の話をはじめ、漆喰や無垢材、天然石など、自然素材を使ったナチュラルテイストな家を見たい方は、ハウジングシリーズ最新刊『30代夫婦が建てた ナチュラルな家』をどうぞ! 


キッチンやリビングをはじめ、玄関やサニタリー、寝室まで、家じゅうをじっくりご紹介。いろいろなテイストの15軒を集めました。


お買い求めはお近くの書店か、amazon楽天ブックスより。


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line