【可愛い家を建てたい!】12月に掲載した住まいを一挙ご紹介します



今月の施工事例まとめ

2021.12.31

早いもので、本日は2021年の大晦日。Come home! Web「可愛い家を建てたい!」では、今年も新築やリノベーションのざまざまな施工事例をご紹介してきました。ここで、12月に掲載した5件の家を改めて振り返ります。気になる家や、まだ読んでいない記事は、写真をタップして元記事をぜひチェックしてみてくださいね。


【大分県】
雑貨のコレクションがよく似合う
家族団らんを大切にする家


年ごろの娘さんたちにも居心地がよくて、コツコツ集めたコレクションも似合うような、可愛い家を求めていたKさんご一家。 雑誌で見かけた「ミルクーヘン」(株式会社アズ・コンストラクション)の家が、その願いを全部かなえてくれました。 


キッチンからは、ダイニングの隣に設けた趣味室まで見渡せて、家族の様子がよくわかります。スイス漆喰「カルクウォール」の消臭作用・消臭効果のおかげで、室内はいつもさわやか。

キッチン外側のカウンターは雑貨のステージ。Kさんのご主人が「ミルクーヘン」のスタッフさんに教わって作った古材風の柱を眺めながら、この席に座る娘さんとと会話するのも楽しみだそう。


ダイニングのすぐ横には、家族が気軽に集まりやすいように小上がりの趣味室を設けました。読書や手作りなど、それぞれが好きなことをできるスペースです。リビングや玄関には古レンガ風のあしらいを。家の各所に取り入れたアンティーク調のエイジングも素敵。間取りの工夫もあって、家族の会話もより弾むようになったそう!


【大分県】
中2階にキッズスペースを配した
男の子3人とのびのび暮らせる家


インテリアショップのようなおしゃれな家に暮らすのが夢だったHさん。 インテリアに興味のなかったご主人を説得すべく 「ミルクーヘン」の見学会に何度も足を運び、5年越しの夢をかなえました。


キッチンでごはんを作っていても、 中2階のキッズスペースで子どもたちが遊ぶ様子をうかがえるから安心です。

キッズスペースは約3畳ほど。壁際にミニカーのコレクションを並べる棚をつけて、アイアンの手すりでカッコよく!


3人の男の子を育てるHさん。中2階には、キッズスペースを設けました。キッズスペースの下には、大きな収納も。キッチンの隣には家事室を作り、ママのプライベート空間も確保しています。無垢材や天然漆喰をふんだんに取り入れ、間取りや動線も工夫した、心地よく暮らせるお家です。(施工/アズ・コンストラクション)


【群馬県】
イギリスの古民家のような
クッキングストーブのある
本格派カントリーハウス


海外で暮らした経験のあるOさん。現在は輸入住宅を専門に設計施工する建築会社「カントリータウンアンドカンパニー」に勤務し、ここでマイホームを建築したそう。本場で培ったセンスを生かした、本格的なカントリーハウスを見せていただきました!


イギリスの古民家を再現した、太い無垢の構造材に囲まれた重厚感ある室内 。右側には、もと暖炉だった場所をイメージした石貼りのコーナーとソファが。少し低い天井が落ち着きを感じられる、とっておきのスペースです。

外壁は、擬石を1枚1枚手作業で貼った、手作りの味わいのある仕上がりに。花に囲まれた美しい庭が、道行く人の目にとまります。


ダイニングキッチンの上の吹き抜けや、大きな窓で庭に面したダイニングなど、開放感もたっぷり。玄関やテラス、2階の寝室や屋根裏スタイルの子ども部屋など、どこを見ても魅力的なカントリーハウスです。(施工/カントリータウンアンドカンパニー)


【千葉県】
インダストリアルな家具が似合う
を大切にしたマンションリノベ


新しい家を持つことを考えたとき、住み慣れたエリアで中古マンションをリノベーションすることに決めたIさん。LDKはインダストリアルな家具や照明が似合う、カッコいいデザインに!


既存のキッチンも同じ場所にありましたが、圧迫感の出る吊戸棚を外して見通しを良くしました。キッチンの間仕切り壁&腰壁は黒板&マグネット塗装仕上げは、IさんがDIYに挑戦したそう。コストカットにもひと役買っています。

こちらはもともと、和室だったスペース。奥さまの希望だった躯体現しを壁面で実現!今では息子さんのプレイルームとして活用しています。LDと繋がっていることで、広々とした空間になりました。


キッチンの背面側にはオープン棚を造作し、食器や雑貨がおしゃれなカフェのように並んでいます。希望していたワークスペースや室内窓、モルタルの玄関なども実現しました。こだわりたい部分と、省ける部分のメリハリをつけて上手にコストコントロールし、理想を叶えたリノベーションです。(施工/SHUKEN Re)


【大分県】
キッチンからの眺めがよくて
おうちカフェやソーイングも楽しめる家


毎日の家事がストレスなくできて、子どもと楽しくすごしたり、友人を家に招いてワイワイすごしたり、趣味のソーイングも存分に楽しめる家を建てたい!そんな希望をもって家づくりに取り組んだKさんが建てた「ミルクーヘン」の家をご紹介。


ランチはママ友を招いて持ち寄りパーティ。小さな子どもがいても、カフェ気分でゆっくりすごせます。

キッチン前にソーイングコーナーを。カウンターテーブルの一角がKさんのアトリエ。小上がりになった和室の下に引き出しを設け、材料を収納しています。


キッチンを中心にした間取りのおかげで、ラクに家事ができる動線に。料理をしながら1階全体の様子が分かり、家族やお客様との会話もしやすくなりました。リビングの天井は吹き抜けで、2階にいる子どもたちともおしゃべりできます。2階ホールの壁には本棚を作り付け、絵本の読み聞かせコーナーに。収納もたっぷり設け、自然素材をふんだんに使った、居心地の良い家になりました。 (施工/アズ・コンストラクション)


年末年始にゆっくりと、様々な家やインテリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。本年もCome home!Web をご覧いただきありがとうございました。2022年も、たくさんの家づくりにまつわる情報をお届けしていきます! どうぞ良いお年をお迎えください。


→その他の「可愛い家を建てたい!」の記事はこちら


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line