家を建てる前に知っておきたい!基本の流れ



家づくりの基礎知識

2022.2.7

注文住宅の場合、家を建てることを決めても、住み始められるまでに実は1年以上もかかります。しかも、土地を決めたり、間取りやデザインを考えたり、ローンを選んだりと、やることはたくさん。混乱しないように、まずは全体の流れを把握することが大切です。そこで、岡山の工務店「フォルカ」の二級建築士・福永浩子さんに、家づくりのスケジュールを聞きました。


そのほかの家づくりの基礎知識の記事は、こちらより。


1情報収集・資金計画


まずはどんな家を建てたいか、どんな暮らしをしたいかなど、家のプランを家族で話し合いましょう。雑誌やSNSなどを活用して、家のデザインや間取りを漠然と考えながら、気になる建築会社に資料請求したり、見学会に参加します。見学会は家づくりの進め方や会社の雰囲気を見るためなど、具体的に決まっていなくても、積極的に訪れることが大切。
また、資金の計画も必要。自己資金や毎月のローン返済可能額、両親からの援助などをあらかじめ検討しておくと、家にかけられる予算をイメージしやすくなります。


・家のイメージを考えながら、かなえたいことに優先順位を決める。
・ローン返済可能額を考える。


2建築会社と打ち合わせ



依頼したい建築会社が1~3社に絞れてきたら、大まかな家の図面(間取り図)を描いてもらいます。ここでポイントになるのは、土地の候補を決めておくこと。まだ購入する必要はないですが、希望を盛り込んだプランをつくるためです。


・依頼したい建築会社を選ぶ。
・住みたい場所を絞り、土地探しを開始する。


3見積もり



建築会社との打ち合わせがふえてくると、図面をもとに具体的な間取りやデザインを決めて、概算見積もりを依頼して、だいたいの費用を算出してもらいます。予算オーバーしていたら、広さや部屋数など、プランの見直しが必要。


・より具体的な家のデザインや間取りを考える。
・概算見積もりを依頼する。


4契約



建築会社を1社に決める時期。依頼することが決まれば、設計契約を結び詳細設計をつくってもらいます。それをもとにコンセントの位置や建材選びなど、細部の打ち合わせを進めます。住宅ローンの借入先の検討もこのころまでに。工事内容が決まり、必要な書類を提出して申請を行い、工事請負契約をします。この契約後、ローンの正式な申し込みを行います。契約後のキャンセルは手続きが大変なうえ、お金も関わるので、後悔がないように慎重に。


・依頼したい建築会社と契約する。
・ローンの申し込み。


5着工



いよいよ工事の始まり。地鎮祭、地盤改良、基礎工事、上棟、木工事、仕上工事という順に進みます。この間、家の様子を見に行って細かな仕様は目で見て確認を。大工さんに差し入れしてコミュニケーションをとるのもおすすめ。


・着工前に、近隣へあいさつをする。
・地鎮祭を神主さんに依頼する。
・工事中には現場もチェック。


6引き渡し



工事が無事終わったら、建築会社の担当者や工事責任者とともに仕上がりを確認。建材のメンテナンス方法や、設備機器類の取り扱い方法について説明を受けます。問題がなければ、鍵をもらい、晴れて引き渡しになります。


・引っ越しをする。


監修:株式会社フォルカ 福永浩子さん

二級建築士・インテリアコーディネーター。自然素材を使った可愛い家づくりからカッコいいスタイルを得意とする「フォルカ」で新築を担当。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line