映画『西の魔女が死んだ』に登場するおばあちゃんの家をお手本に!【高知県】



リノベーション施工実例

2022.10.14

山や川のそばで自然に囲まれた豊かな土地に建つ旦那さんの実家。その家をリノベーションすることにした新谷さん。和室を中心とした細切れ間取りで、天井が低く昼でも照明が必要なぐらい暗かったそうですが、改装によって、映画「西の魔女が死んだ」に登場するおばあちゃん家のようなあたたかい雰囲気に一新しました。


この記事はリノベーションでつくる 心地よくておしゃれなわが家より抜粋しています。
その他のリノベーション施工実例はこちらより。



ネットショップ「園芸ネットプラス」で見つけたメキシカンタイルを施主支給。


【大関さんのお宅のリノベーションDATA】
築年数/33年
間取り/5LDK→3LDK+書斎
延べ床面積/118.00㎡(1階88㎡ 2階30㎡) 
物件購入価格/実家なのでなし
リノベーション費用/1690万円
リノベーション面積/112㎡
施工/宇田見建築


間取りの変更アイデア


主なリノベーション箇所/間取りを変更、リビングを小上がりにして天井を吹き抜けに、骨組みを残し壁を造り替え、床張り替え、和室を洋室に、キッチン・風呂・洗面・トイレ入れ替え、カウンターと棚造作、玄関に手洗い場と靴箱造作、カウンターデスク造作、トイレ・リビング・洗面所のドア造作、2階個室の壁を撤去、床張り替え、クロゼット造作など。


ハーブ研究家・ベニシアさんのような
自然ととも暮らす家に憧れて


ここをキッチンにするプランも出ましたが、せっかくの日当たりなのでダイニングに。

玄関は「西の魔女が死んだ」に登場するおばあちゃん家をイメージしてリクエストしました。ドアや靴箱、洗面台は造作。

洗面台と鏡は造作。壁はパイン材を横張りして、自分でペイント。

ダイニングに配置した水屋だんすの上のガラス棚部分をこの洗面スペースに壁づけし、下に棚を造作。


 結婚以来、転勤で引っ越し続きだったわが家。終の住処はやっぱり地元がいいねと夫の実家に戻ることになりました。建て替えも考えたけど、もとの家が鉄筋でしっかりした造りだったので、これを生かさない手はないと、リノベーションに舵を切りました。リノベーションするにあたりイメージしたのは、長年憧れていた「外国人のおばあちゃんが田舎暮らしをしている」ような、ぬくもりが感じられる部屋。ハーブ研究家のベニシアさんみたいに、自然を取り入れた心豊かな暮らしができたら素敵だなって。
 キッチンはまさにそんな夢を形にした場所。抜けない柱を逆手に取り、古家具と造作棚を組み合わせて使ったカウンターを見たときは感激しました。この家に住みはじめてから、苦手だった料理も自然と頑張るように。梅を漬けたり、果物でシロップやジャムを手作りしたり。憧れの暮らしに一歩使づけるような気がして、手を動かしていると幸せな気持ちになります。


 


家族でごろごろできるよう
リビングは畳敷きにしました


新たに設けた階段の下は収納に。扉は友達のおばあちゃん宅の建具。縁なし畳は「SEKISUI」のもの。

造作ベンチの畳は「SEKISUI」のMESEKIのチャコール。

寝室の壁はリビングと同じ「リリカラ」の品、床は杉の無垢材。ほどよい採光のため横幅1780×高さ570㎜の窓を設けました。


 南側に面したリビングは、日当たりもよくてぽっかぽか。リノベ前は暗かったけど、夫の提案で吹き抜けにしたおかげで、明るく一致しました。畳敷きだから、子どもと寝転んだり、日向ぼっこしたり。隣に住む両親ものんびりくつろげるねって喜んでくれます。夫のたっての希望は書斎をつくること。既存の間取りに入らなかったので、寝室の脇に増築することに。内装はすべて夫が決めました。壁一面の本棚は家具作りが趣味の義父の手作りです。
 夫は、口では「前の実家に思い入れはないよ」と言っていますが、私には夫が生まれ育った家の面影を少しでも残すことができてうれしいんです。両親も喜んでくれて、本当によかったなって。間取りに頭を悩ませたりもしましたが、工務店のアイデアで限られた条件のなかでも、いい間取りにしてもらえて、とても感謝しています。


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line