【吹き抜けの光が心地いい】スキップフロアから家族の気配が感じられるお家

2020.12.25


家づくりに希望するイメージをバランスよく形に
注文住宅を建てようと思い立ったものの、初めは家づくりの知識がなく、建築会社選びに困ったというFさんご夫妻。工務店の「i leaf labo」を選んだのは、安全やコストの面で信頼でき、理想の住まいへの思いをくみ取ってくれると感じたからだそう。Fさんご夫婦の目指した住まいのイメージは、「ナチュラルでありながら、ほどよくカッコよさも取り入れた家」でした。その希望を生かし、LDKは吹き抜けにし、日中はライトをつけなくても明るく、床にはぬくもりのある無垢材を、壁には漆喰を取り入れて、自然素材に囲まれた心地よい空間に。キッチンや洗面コーナーには、クールな印象のアイアンや、住まいの印象を引き締めるブルーのタイルをセレクトして、甘い印象になりすぎない家が完成したのです。


間取りと設計の工夫で、リビングの2階部分を吹き抜けにすることで、限られた空間に広がりが。天井の木材の梁を見せて、ナチュラルさをいっそう印象付けます。

リビングの大きな掃き出し窓の外には、ウッドデッキがあり、横にも広々。吹き抜けの縦の広がりと相まって、実際の面積以上に、開放感を感じられる設計です。


アイアンの飾りのついた、ダークブラウンの造作のカップボードはFさんのお気に入り。床は「リボス 自然健康塗料」のオーク色で、床材のナチュラルな風合いを生かし、明るいキッチンに仕上がりました。

キッチンの壁面の一部に貼った、ブルーのタイルが目を引きます。造作カップボードに付けたブラックのアイアンは、調理器具などのディスプレイ収納に活用できます。

キッチン横の室内窓には階段が見えるので、家族が帰ってくる姿を確認できます。ニッチはキッチン背面とお揃いの、ブルーグレーのタイルがアクセントに。


無垢材を使った造作の洗面カウンター。ブルーの葉型タイルが白い自然素材の漆喰壁に映えます。3階建てなので、洗面スペースも広くとれ、身支度もゆったりと楽しくできそう。


家族の気配が感じられる工夫もたくさん
家のどこに居ても家族の気配が感じられるように、2階と3階の間にスキップフロアを設置しました。「書斎に居ても、リビングに居る家族とのつながりを感じることができるんです。工務店が二人三脚で親身になって家づくりのアイデアを提案してくれて、楽しみながら、理想の家づくりができました」と、笑顔で話すFさんでした。


LDKから視線を上げると、スキップフロアの中3階が見えます。家族が違うフロアにいても、お互いの気配を感じられる間取りです。

リビングとつながるスキップフロアには、書斎兼フリースペースが。作業をしながらでも家族との会話や一緒にいる空気を感じることができます。将来は、子ども部屋にすることも可能。

淡いブルーのリビングドアの隣には、可動棚とデスクカウンターを設置。仕事をしながらも、横の畳スペースで遊んでいる子どもを見守ることができます。

リビングの一角に畳スペースを設け、子どもが安心して遊べる場所として活用。見せ梁にブランコを吊るしています。畳スペースに寝転ぶと、吹抜けの広い空間を存分に感じられます。


注文住宅ならではのこだわりが家じゅうに


二階にある階段の一段目は、横に本棚スペースがあり、子どもの絵本を収納。注文住宅だからこそできる工夫です。


柔らかな印象のS字の玄関框、木調玄関ドア、無垢材の床、造作の玄関収納など、玄関もナチュラルな雰囲気です。


自然素材の真っ白な漆喰の外壁で、さわやかな外観。1階の軒天や玄関ドアのブラウン、2階の小窓がアクセントとなりかわいくもあり、シンプルですっきりとしたたたずまいです。


MY HOME DATA
家族構成/夫婦+子ども3人
延べ床面積/118.38㎡(35.8坪)
施工/i leaf labo(株式会社ハウスサポート)


i leaf labo/株式会社ハウスサポート

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line