• TOP
  • 家づくり
  • 【アナザーライフ】自由設計の“小屋”で週末カフェをオープン!山梨と神奈川を行き来する生活で夢を叶えました(山梨県)

【アナザーライフ】自由設計の“小屋”で週末カフェをオープン!山梨と神奈川を行き来する生活で夢を叶えました(山梨県)

新築施工事例

2023.8.25


「いずれ信州でカフェを開きたい」その夢を
グリーンベルで小屋を建て実現しました
<青空カフェ「リリカル」>


解放的な青い空に映える可愛い建物で、立ち寄ってみたくなるようなこのショップ。こちらは山梨県北杜市の青空カフェ「リリカル」です。オーナーのリリさんが今年よりオープン。長年やっているエディトリアルデザインの仕事を今も続けながら週末はカフェを営業しています。


“いずれどこかでカフェを始める”という夢を温めていたリリさんは、やっと出会えた土地を購入。カフェの建物を考えていた矢先、本の広告で、おしゃれな小屋や物置を提案するメーカー「グリーンベル」を発見しました。近くにあった展示場に足を運んでみたら、さまざまな使い方ができる小屋が立ち並び、まるで小さな街のようになっていて感動したといいます。まずは仕事部屋、ユーティリティーとしてワークスガレージという製品を購入。リリさんはその後、グリーンベルのスタッフに相談しながら、自由設計で作れるカフェプランを着工しました。カフェ「リリカル」としてスタートした小屋の様子を見せていただきましょう。


CAFE PLAN DATA
延べ床面積(小屋)/17.15㎡(5.18坪)
製品/自由設計でのカフェプラン
場所/山梨県北杜市小淵沢町6919-2

施工/株式会社グリーンベル


ツートンカラーの外壁と
屋根のバランスが良い外観です


片流れ屋根と、ウッドデッキの上の指し掛け屋根が目を引くデザインです。奥に見える小屋はワークスガレージ

建物にはキッチンと部屋がひとつ、お客様用のトイレと手洗い場も。 屋外にはウッドデッキを拡張した飲食スペースが。

カフェは土日のみの営業です。「自宅のある神奈川県と山梨県を行き来して生活しています」


キッチンの隣の部屋はあえて飲食スペースにせず、リリさんの家族や友人が泊まりに来た時などに使えるよう部屋仕様に。「小さいスペースの中にも使いやすさを求めました」(リリさん)。


キッチンの内装も機能的かつ
すっきりとおしゃれに


飲食スペースは屋外のみにして、小屋の中はカフェメニューを作るキッチンにしました。

キッチンはエアコンも完備した、ちょうど良い使いやすい広さ。隣にもうひと部屋設けています。

カフェで提供する食事を調理するリリさん。新鮮な食材を使い、心を込めて作っています。

キッチンもリリさん好みのインテリアに。目に入りやすい場所に掛けたお気に入りの時計。

左・厨房の壁は白いタイルを張りました。清潔感もあっておしゃれな雰囲気。右・調理器具は取り出しやすいよう収納棚を壁付けに。


テイクアウトやイートインでの
人気メニューはこちら


左・小腹がすいた時におすすめ(たまご・バターきゅうり)。右・一番人気だった冷やし中華は秋に向けて別のメニューに変わります。

右・冷たいジンジャーエールは暑い日にぴったり。左・コロナビールもテラス席で楽しめます。


建物内に飲食スペースはなく、基本は外での食事か、またはテイクアウトです。「以前はずっと部屋の中でする仕事をしてきたので、その反動で食事は開かれた空間である屋外で食事するというのが夢でした」。お客様にはのんびりとオープンな気分で食べてもらいたいんです、とリリさん。


週末カフェをオープンするまでと
これからのこと


グリーンベルの小屋で、長年温めてきた夢を実現したリリさん。「リリカル」のインスタグラムはこちら


15年位前に、リリさんは漠然と「いずれは自然豊かな場所でゆったりと何か自分がやりたいことをしたいなぁ」と考えていたといいます。「その頃は具体的に何をするかは決まっておらず、カフェをやることなども考えてはいなかったのですが、料理教室には通ったりしていました。その後は仕事や家庭のことなどで忙しく、この先のことなどすっかり忘れていて」。2018年頃、ふとした折に“自分は何か信州でやりたかったんだ”と思い出したのだそう。信州の土地を探し始めましたが、いいなと思える土地にはなかなか出会えず、もうこれが最後だとあきらめていた日の帰り道に、売地の看板を発見!ピンと来たリリさんはその土地を購入し、ここでカフェを始めることを決意したのです。



小屋の中の使い方やデザイン、外をイートインスペースにすることなど、細かい部分までグリーンベルと打ち合わせを重ねて決めていきました。グリーンベルには小屋・ガレージ共にいろいろなスタイル・プランがありますが、この土地の広さに収めたい、この間取りが使いやすいのでこうしてほしい、なども自由設計で可能。「まずは希望を言っていただき、それが構造的に可能か否かを判断します。そしてプランを提出し、見積額の調整・すり合わせを重ねていき、最終プランにて決定となります」(グリーンベルスタッフ・奥川さん)


お店の横に建てたもうひとつの小屋は、当初は仕事小屋として活用していました。が、カフェを始めてからは外の備品を営業時間外にしまう場所になっているとのこと。「お店をするには片付けものをしまうスペースが必要だと実感しました」。また、カフェを始めた当初は神奈川と山梨の生活バランスは崩さないようにと思っていたそうですが、時にはカフェの仕事が忙しく、平日も山梨に泊まることも増えたのだとか。現在はそんなふうに、状況に応じた小屋の使い方もしているそう。「これからは、直感的にこれはこういう方がいいかなとか、こんなメニューが求められているなら出してみようかなとか、臨機応変に合わせていくのがいいと思っています。時代の変化が早いので、つどつどそれに合わせていくつもりです」そんな柔軟で前向きなお言葉も聞かせてくれました。


株式会社グリーンベル

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line