• TOP
  • 家づくり
  • 総予算5500万円で東京にマイホームを建てるには土地代を半分に抑えたい。でも現実は…!

総予算5500万円で東京にマイホームを建てるには土地代を半分に抑えたい。でも現実は…!

実録!世帯年収900万円夫婦のマイホーム計画

2023.8.30

マイホームを計画中のOさん家族。家づくりの依頼先も決まり、まずは土地探しです。総予算5500万円のなか、希望する土地は見つけることができたのか、その様子をご覧ください。


この特集の他の記事はこちらから


駅やスーパーが近くて、間口が広い土地が理想!でも現実は…



土地を探すうえで希望条件をお教えください。



いちばんはエリアですね。夫婦ともに都心にある勤め先まで電車通勤です。なので、遠いのはしんどいかな。



そうだね。できれば、乗り継ぎなしでいけると最高だけど。やっぱり仕事場までの距離がいちばん気がかりだよね。車があるので、とめやすさも大切かな。



あとは、暗くなくて、静かなところだったらいいよね。理想はこんな感じです。




分かりました。まずはざっくりと検索してみます。30坪で探すとこんな感じです。




へー、いろいろあるね。でも、手が出せない金額もけっこうある…。さすが東京。



最寄り駅までの距離や土地の形状、接道状況、周辺環境など、いろいろな要素によって金額は変わりますが、やはり23区に近いほど土地代は高くなる傾向です。



家賃の相場とも似ていますね。特急や急行が止まる大きな駅付近はやっぱり高いね。駅まで徒歩10分程度で行けて、子どもが安心して通れるような道幅の広いエリアで、スーパーや小児科も近くにあって…って理想をいろいろ思い巡らせていたけど、現実はそうはいかないわ。「駅までバスで20分」とか、大変そう。



この候補の中から、予算に見合って、希望条件に近いものに絞っていくと…このような感じです。



八王子市、あきる野市か。正直、仕事場まで遠いな。



でも、なんとなくそうなるかなとは想像してた。



検索して出てきた情報だけではわかないことも多いので、候補を3~5つ絞り、実際に現地に見に行ってみましょう。


候補の土地を下見することに。まずは旗竿地



この土地は旗竿地と言います。出入口が狭く敷地自体が奥まっているように見えますが、周辺相場と比較して価格が安くなる傾向があります。




安いのはいいね。でも、入り口が狭そうだから、車止められるかな。



50
坪の広さがあって、道路から奥まった位置なので、静かだと思います。


傾斜地も候補のひとつ



この土地は傾斜地で、特徴としては他の家と目線が被りづらい、日当たりを確保しやすいなどがあげられます。 ただここの様な敷地だと地盤改良が必要だったり、お家の基礎を工夫する必要があり、工事費用が掛かりやすい傾向がある為注意も必要です。




画像で見るほど、そんなに気にならないね。広い道路に面しているからよさそう。でも、余計に費用がかかる可能性があるのか…。


駅からは離れているものの、条件に近い土地が見つかった!



ここは駅から遠くなりますが、広さも周辺環境もよさそうです。




あー、たしかに広い。でも、バス利用か。



自転車使えばいいんじゃない?まわりに高い建物がないから光も入りそう。庭もスペースがとれそうだから、ガーデニングも楽しめるね。私、ここがいい!



たしかに。この金額なら建物にもこだわれそう。ここにしよっか!


その他の記事はこちら


24坪のスペースをムダなく生かすプロの間取りご紹介。コストを抑える方法も!(8月31日公開予定)


3人家族が暮らす90㎡の平屋。土間リビングの窓から見える緑豊かな借景が素敵!(9月1日公開予定)


配膳や片づけやすい壁づけL型キッチン。冷蔵庫をほどよく隠して生活感を抑える工夫も!(9月2日公開予定)


取材協力/オレンジハウス


東京をはじめ、埼玉や神奈川(詳細な対応エリアはHPにてご確認ください)を施工エリアとする建築会社。デザイン性にこだわった新築やリノベーションを得意とし、土地探しや中古物件探しもお手伝いします。 HP  Instagram YouTube facebook


イラスト/シホ


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line