ブラック・アンド・デッカーから「コード式⾼枝ポールチェーンソー」登場

2021.2.20


世界最⼤の電動⼯具メーカー、スタンレー ブラック・アンド・デッカーは、最⼤約3mまで伸⻑するポールを搭載し、⼿の届かない⾼枝を快適かつ安全に剪定できる園芸⼯具「コード式⾼枝ポールチェーンソー」(品番:PS7525)を、2⽉下旬より発売します。


2012年に発売された同シリーズは、最⼤4m程度の⾼い場所にある太い枝も脚⽴などを使わずに切断できるガーデンツールとして幅広い⽀持を獲得、これまでに国内で累計7万台以上を出荷しています。最新モデルである本製品は、AC100V電源を採⽤し最⼤切断能⼒が18Vバッテリー採⽤モデル(注1)の約1.5倍となる直径25㎝を実現、より本格的な作業にも対応します。また新たにヘッド部分の⾓度調節機能を搭載、ポール⻑は剪定場所に合わせて約2m〜3mの範囲で⾃由に調節(注2)できるなど、幅広いシーンでの使い易さを追求しました。庭の広い範囲をカバーする10mの延⻑コード、本体を保持しやすいショルダーストラップなどが付属し、参考価格(税別)は15,800円。


(注1) 他の園芸⼯具や電動⼯具製品と共通の18Vバッテリー採⽤モデル「GPC1840LN」(4.0Ah)および「GPC1820LN」(2.0Ah)
(注2) 上記モデルは、2.0m/3.0mの2段階ポールジョイント式


ヘッド⾓度は0~30度の範囲で調節可能で、作業性が向上。



コード式⾼枝ポールチェーンソー(PS7525)
定格電圧 AC100V
ポール⻑ 2,050〜2,950㎜
最⼤切断能⼒ 直径250㎜ ⽊材
チェーンスピード 7.8m/秒
ヘッド調節⾓度 0~30度
消費電⼒ 550W
本体重量 約3.62kg
サイズ L2120 x W140 x H90㎜
付属品 10m延⻑コード、ショルダーストラップ、保護メガネ、チェーンカバー、チェーンオイル
参考価格 税別15,800円(税込17,380円)


同シリーズの18Vバッテリータイプも発売中。


【ブラック・アンド・デッカーについて】
S・ダンカン・ブラックとアロンゾ・G・デッカーによって1910年に⽶国で設⽴されたブラック・アンド・デッカーは、電動⼯具製品における世界最⼤のメーカーです。1916年に現在の電動⼯具の原型となる世界初のピストルグリップ式ポータブル電動ドリルを発表。1971年にアポロ計画で使われた⽉⾯掘削⽤のコードレスドリルをNASAと共同製作。1979年にこの技術を応⽤した世界初のコードレスハンディクリーナーを発売。家電業界にコードレスという新たなコンセプトをもたらし、世界なヒットを記録しました。以来、⾰新的なデザインと使いやすさを追求した製品を数多く発表しています。


ブラック・アンド・デッカー

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line