アクティブオーガニックブランド「Be」が「東京チェンソーズ」製作のオリジナル「かっさ」付きスキンケアセットを、三越伊勢丹で限定販売中



新商品情報

2021.4.17

「今もこれからも美しく健康でありたい」をコンセプトに、 ナチュラル&オーガニックコスメを扱う伊勢丹新宿店の「ビューティアポセカリー」と三越伊勢丹化粧品オンラインストアmeeco」で、 アクティブオーガニックブランド「Be」のブランドリニューアルを記念した スキンケアセットを販売中です。このセットは、 木の温もりを感じ、 ヒノキの香りと触り心地でリラックスできるマッサージアイテム「かっさ」が付属した限定セット。「かっさ」は、 東京唯一の村である檜原村で「東京の木を使うこと」を念頭に活動する「東京チェンソーズ」とコラボレーションしたオリジナル限定品です。



10,450円(税込)。セット内容:フォームウォッシング1本、 ローション1本、 かっさ1個、 コットン巾着1枚


アクティブオーガニックブランド「Be」は、アクティブワーカーの誰もが活躍できる社会を実現するという理念のもと、内外美容をテーマに外側から美しく、 内側からヘルシーにサポートするように、スキンケア、 ヘア&ボディケア、 インナーケアをお届けします。


アクティブパーソンが活躍するためには、土台となる地球環境を考え、 持続可能な社会を実現することが不可欠。この想いから、 東京の林業を牽引する「東京チェンソーズ」とコラボレーションしました。東京の木の下で、 地球の幸せのために山のいまを伝え美しい森林を育み、 活かし、 届けますという理念を掲げる「東京チェンソーズ」。東京・檜原村で、 木を植え、 育て、 伐採し、 人々の暮らしに届けたい。木に付加価値をつけ、 「小さくて強い林業」の実現を目指しながら、私たちが生きる山のいまを多くのお客様に伝えていくことを目指しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「東京チェンソーズ」について


2006年に東京の檜原村で創業。「東京の木の下で、 地球の幸せのために、 山のいまを伝え、 美しい森林を育み、 活かし、 届けます 」を企業理念としています。


東京の4割は森林でできています。 その多くは戦後の木材需要を受けて先人達が1本1本植えて育てて成長したもので、 今まさに使われどきを迎えています。人が植えて育て適切に管理している森林から伐採した木材を使い、 また植える。この循環を繰り返すことで街には木のぬくもりが、 山には美しい自然環境が続く、 「東京チェンソーズ」はそのような林業を目指しています。



持続可能な林業をするということは、 SDGsの17の目標と169項目のターゲットのうち、 14の目標と40項目のターゲットを達成することにつながりますたとえば水資源を守ること、 温室効果ガスであるCO2を吸収、 固定することなどにもつながります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「Be」について


アクティブオーガニックブランド「Be」はアクティブワーカーを、 ミニマルな内外美容で支援します。 「Be」はOn Offともに多忙な女性ワーカーと、 そのパートナーのためのミニマル&エナジーオーガニックブランドです。



ミニマルとは、 最低限というミニマムとは違って「最小限度の必要量・質」という意味です。最小限のアイテムと時間で肌・体・心に必要なエナジーをナチュラルオーガニック素材によりしっかり提供していきます。



「Be」というブランド名は、 ライフスタイルの基盤(base)になるように、 baseの頭Bと末尾eをとってBeと表現しています。 また、 英語のbe には存在の意味と「~になる」というbecomeの意味があり、 今ここにいる女性たちに寄り添って「~ になる」という理想を応援したい、 そんな思いを込めています。 ハードワークをこなす女性ワーカーたちは、 On・Offともに忙しく、 常に時間に追われています。 責任のある地位について仕事だけで1日の大半を使い尽くしてしまう。 仕事と子育ての両立で疲労困憊してしまう。 プライベートも忙しくて、 ついお手入れを後回しにしてしまう。1分1秒たりとも無駄にしたくない、 ロスしたくない、 という切実な思いにこたえるブランドなのです。


株式会社Be

カスタマーサポート:TEL03-6869-3969(10:00~18:00)

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line