子乗せ電動アシスト自転車「ヤマハ PAS un シリーズ」の2021年モデルが発売!

2020.11.7

ヤマハ発動機株式会社から、子乗せ電動アシスト自転車「PAS un シリーズ」の2021年モデルを12月10日より順次発売します。


「PAS Kiss mini un SP」(色:パウダーブルー2)、2021年2月3日発売。

「PAS Babby un SP」(色:マットアンバー)、12月10日発売。


坂道も楽々の「PAS un シリーズ」がグレードアップした新モデル
PAS un シリーズ」は、幼児2 人同乗基準に適合した20 型小径子乗せ電動アシスト自転車。軽量でコンパクト、安心感のある幅広ファットタイヤなど、快適な乗り心地や取り扱いやすさを追求した車体です。「PAS」シリーズ最上位の優れた登坂性能を搭載し、全自動でアシスト力を制御する“スマートパワーアシスト”のおかげで坂道も安心。シリーズは「PAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)」、「PAS Kiss mini un SP(パス キッス ミニ アン スーパー)」・「PAS Babbyun SP(パス バビー アン スーパー)」。それぞれの特徴と、新しくなったポイントをご紹介します!


PAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)


カラーは新色のマットカフェベージュ。ほかにはマットブラック2も。車両重量は30.6kg。 メーカー希望小売価格158,400円(税込み)。


PAS Kiss mini un SP(パス キッス ミニ アン スーパー)


「PAS Kiss mini un」よりさらに大容量バッテリーのモデル。新色のスモークイエロー。色はほかにマットアンバー、パウダーブルー2、マットカフェベージュ、ピュアパールホワイト、マットブラック2をご用意。全6色が新色で登場です。車両重量は31.2kg。メーカー希望小売価格162,800円 (税込み)。


安心感、使いやすさ、快適性にこだわった「PAS Kiss mini un」「PAS Kiss mini un SP」のいちばんの特徴は、子どもを足元まで包み込む“繭型フロントチャイルドシート”。2021 年モデルでは、従来のフロントチャイルドシートの操作感、サイズ、デザインなどを見直した“コクーンルームプラス”を新たに開発しました。また、カラーもよりファッショナブルにグレードアップしています。サイズはいずれも、全長 172×全幅 58×サドル高 73~86.5cm。


フロントチャイルドシート“コクーンルームプラス”がより扱いやすく!
繭(まゆ)を意味する「コクーン」のような、子どもの足元まで包み込む安心感のある形状のチャイルドシートです。成長に合わせて調整可能なヘッドレストや、ソフトな座り心地のサポートクッション、しっかりとホールドする5 点式シートベルトなどを装備。これまで同様の「守られている安心感」はそのままに、より使いやすく改良されました。


改良ポイントその1! 乗せ降ろしの操作感


子どもの乗せ降ろしのしやすさ向上のため、チャイルドシート外側からワンアクションで開く新たなフロントガードを採用。シートベルトの脱着をしやすくするために、自立式肩ベルトの採用や股ベルト(バックル)の見直しも。ベルトの長さ調整をよりスムーズに行えるよう、アジャスタの位置や構造も改良しています。


改良ポイントその2! サイズ感


これまでよりフロントガードの開口寸法を拡大し、乗せ降ろしがより楽になりました。子どもの快適性、開放感をアップのため、「コクーンルームプラス」内の足元スペース、膝回りスペースも広げています。


改良ポイントその3! デザイン


子どもの足元まで包み込む、安心感のあるデザインはそのままに、一目で使い方がわかる機能的でスタイリッシュなデザインにリニューアル!穴の開いたフロントガードで軽快感も。

小物入れポケットがチャイルドシート後方に追加されたので、毎日のお出かけにも便利!運転者の操縦がよりしやすくなるよう、チャイルドシートヘッドレストの角度・サイズなども見直されています。


PAS Babby un SP(パス バビー アン スーパー)


写真のマットアンバーは新色。継続色はパウダーブルー2、コーラルレッド、マットカフェベージュ、マットブラック2、ソリッドグレーの5色。車両重量は32.9kg、サイズは全長 176,5×全幅 58×サドル高 73~86.5cm。メーカー希望小売価格156,200円(税込み)。


後部には子どもの頭部を270 度包み込む安心感のあるリヤチャイルドシート、前方には大容量のチューブパイプバスケットなどが装備されています。利便性のよさはもちろんのこと、落ち着いた上質感を感じるカラー「マットアンバー」は、2021年度モデルの新色。子どもを載せる時期が過ぎてチャイルドシートを外しても、末永く使えるオシャレなスタイリングも嬉しいポイント!


購入のご相談はお近くの販売店へ
通園やお出かけ、お買い物に、とても頼れる電動の子乗せ自転車。そろそろ購入や買い替えを…とお考えの方に、おすすめのシリーズです。いずれも標準装備のチャイルドシートのほかに、別売りのシートを付けることで、子ども2人まで乗せることが可能。さらに詳しいサイズや機能、カラーなどは公式ホームページでご紹介しています。「PAS Kiss mini un」、「PAS Kiss mini un SP」は2021年2月3日、「PAS Babby un SP」は2020年12月10日発売。ご相談はお近くの販売店へどうぞ!


ヤマハ発動機株式会社

お問い合わせ/「カスタマーコミュニケーションセンター」フリーダイヤル0120-090-819

ヤマハ電動アシスト自転車 公式Twitter/

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line