おおきなおおきなロールキャベツ



馬狩まどかさんの うま家の手しごと

2021.1.28

 私の暮らす北海道は、寒い日が続いています。最低気温がマイナス10度を下回る日も珍しくなく、体の芯から冷えてしまいます。冬至から1か月が過ぎて少しずつ日が長くなってきていますが、まだ冬は折り返し地点です。
 我が家のご近所さんは、雪が降り積もる前に収穫したキャベツを雪の下で越冬させる「越冬キャベツ」を作っています。甘みが凝縮されたキャベツがとってもおいしくて!すぐにペロッといただきたい気持ちを抑えて、新聞紙にくるんで冷暗所で保管します。こうして冬の間に少しずつ楽しみながらいただくのですが、いま時期の寒い日には美味しいロールキャベツがまた最高なんです。



【おおきなおおきなロールキャベツ】


 不器用な私は、きれいにキャベツを巻くのがとっても苦手です。大きく巻いて、家族でつっつきながらいただきます。


・材料 キャベツ:大きな葉っぱだと45枚、中くらいの葉っぱだと78枚、合いびき肉:300g、玉ねぎ:中1こ、食パン:半分(パン粉大さじ5でもいいです)、卵:1こ、牛乳:50cc、塩コショウとナツメグ:各少々、ビーフシチューのルー:4皿分、小麦粉:少々



道民は、真冬でも室内では半袖になったりします。お部屋は暖かいのです。


・つくり方
1、キャベツの葉を優しくはがします。多少やぶれてしまっても大丈夫です。水分がいっぱいあると巻きにくいので、少し干しておくとあとで巻きやすくなります。


2、ボウルにひき肉、みじん切りにした玉ねぎ、細かくちぎった食パン、卵、牛乳、塩コショウとナツメグを入れ、ぎゅっぎゅっとタネを練っていきます。


3、キャベツの葉を重ねるように置いて、小麦粉をタネを置く側に振り、その上にタネを置きます。



4、くるくるとくるんだらつまようじで留めて、鍋に入れます。水をひたひたに入れて塩コショウをして蓋をして中火にかけます。コトコトしてきたら、弱火にして10分煮ます。



5、鍋にビーフシチューのルーを入れて、ルーを溶かしながら10分さらにゆっくりことこと煮込んだらできあがり!



 行儀悪く、ごはんに切り分けたロールキャベツをたっぷりのせて食べるのがうま家の楽しみです。



さて、次は何作ろう?


 


 


 


馬狩さんのこのほかの連載記事はこちら


馬狩まどか うまかりまどか

自然豊かな北海道の石狩平野で、ご主人と2人の娘さんと一緒にスローライフを楽しむ。DIYで住まいを心地よい空間に模様がえしたり、季節の行事を家族で楽しんだり、日々のことをinstagramで発信。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line