子どもに受け継ぎたい お気に入りの椅子



2020.8.17

独身時代に買った椅子を大切に使ってきた星さん。子どもが生まれた今、その椅子は子どものもとに。そんな2世代に渡って使われている椅子をご紹介します。


大学生のとき、蚤の市で手に入れた大切な1脚。鞄を置いたり、腰かけてブーツを履くのに使っていました。


 


学生のころ、当時つき合っていた夫とのデートは蚤の市で古道具探しが定番でした。


キッチンに置いてある子ども用の木の椅子も、そのときに手に入れたもの。


年季ものなのにガッシリした造りでガタつきもなく、ずっと大切にしようと思って買った1脚です。


 


学生時代に蚤のみの市で買った椅子。3歳の陽ひ彩いろがお手伝いしたいとき、自分でこの椅子を運んできます。


 


独身時代の家で、米びつをのせたり、植物を飾るステージにしたりして、


10年の時を経て、今では子どもの踏み台として活躍中。


長年使っているのに、頑丈さは変わらず、娘が乗ってもビクともしません。


木の色も深まって、風合いもいっそうよくなってきました。


あのとき夫に口に出して言わなかったけど、


「いつかこの椅子を、自分たちの子どもが使ってくれたら素敵だな」って、


心の中でひそかに願っていました。それが本当に実現できるなんて幸せです。


 


かつては料理本を立てておくのに役立っていました。今は、子どもが座って絵本を読んだり、おやつを食べたり。


 


独身時代に買ったほかの椅子も、お絵かきするのに、おやつを食べるのにと、


子どもたちが座ることがふえました。このまま孫の代まで大切に使ってもらえたら、うれしいな。


 


 


今週の人気記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line