• TOP
  • 暮らし
  • 自家製ハーブでハーブティーをいれましょう。

自家製ハーブでハーブティーをいれましょう。



私のカントリー

2021.4.16

庭の摘みたてハーブでフレッシュな香りのお茶を。自家製だからこその楽しみです。


ボタニカルドリンクの代表格は、なんといってもハーブティー。さらに自宅に庭で育てたハーブなら、安心して生葉も使うことができますね。ハーブティーには難しいお作法をありません。摘みたてのハーブを使うのもよし、自家製のドライハーブを作っておいてもよし! 気軽にいれて、ほっとひと息つきましょう。



ミント、カモミール、レモンマートル、トウモロコシのひげ、クワ、コモンマロウなど、さまざまな種類で楽しめるのもハーブティーの魅力。



ハーブティーの基本のいれ方


1.お湯を沸かし、ポットとカップにお湯を注いで温める。


2.ポットのお湯を捨てて、ハーブを入れる。ドライならティースプーン山盛り1杯、フレッシュならひとつかみを一人前の目安に。


3.沸騰させたお湯(95℃以上)をポットに注いだら、ふたをして3~5分蒸らす。


4.ポットを静かに回して、お茶の濃さを均一に。カップのお湯を捨ててポットからハーブティーを注ぐ。お好みでハチミツを加えて。



庭で育てたハーブを自然乾燥させて未漂白のろ紙に詰めれば、自家製ティーバッグのでき上がり。ティーポットいらずで、いつでもどこでもハーブティーを楽しめるアイデア。



色の変化が確認できるので、ハーブティーにはガラスの茶器が便利です。


関連記事はこちら


 


こんなふうに、身近にある植物を暮らしに役立てる方法はたくさん。それが、この本にたっぷり載っています!


 


『「暮らしとからだに効く植物の名前」300がよくわかる図鑑』好評発売中です!


 


「食べられる」「飲み物にできる」「家事や健康、暮らし全般に役立つ」「香りで癒やされる」「クラフトで作品にできる」など、 さまざまな視点から庭で育てた植物の活用術をご紹介。いずれも手軽な方法で、自宅で楽しめるものばかり。あなたのお庭では、今、どんな花が咲いていますか? そのお花を咲いて終わりにせず、何かに活用できないか、どうぞこの本で調べてみてください。 あなたのボタニカルライフの深みが増すはずです。目的別索引&五十音順索引付き。


 



A5版 本体価格1600円+税

お求めはお近くの書店もしくはこちらから。


 


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line