遠足のお弁当づくり。



敏森裕子さんの 楽しいうつわと手作りのある暮らし

2021.5.7

こんにちは。
敏森裕子です。


ゴールデンウィークも終わりましたね。
我が家は今年もおうちで、のんびりと過ごしました。


 


さて、4月の終わりは、子供たちは遠足でした。


 


久しぶりの遠足にわくわく。特に娘は、夜も眠れないほどでした()


 


おやつは200円まで。前日に「うまい棒」や10円のゼリーをたくさん買っていました。笑


 


そして夜は、
「お弁当のおかず、ぼくが作りたい!」と息子がハンバーグとエビチリを作ってくれました。


 



娘は食べる専門()
「福くんのおにぎりがいい。」と
イラストを描いて、そっと手渡し。


 



遠足当日。


朝は5時前に起床。


 


お弁当箱は秋田大館工芸社の曲げわっぱの小サイズと中サイズ。


そして、スズ竹のお弁当箱です。



7時。


ギリギリに完成しました!!


 


おかずは、息子が作ってくれたチーズハンバーグとエビチリ。
そして、ウインナーにだし巻きたまご、茹でブロッコリーとプチトマト。



デザートはスイカとぶどうです。


 



娘のお弁当。
おにぎりは、いかなごのくぎ煮と、鮭をいれました。猫の耳のピンクは明太子です。


福くんのおにぎりは、目の卵焼きがうまく作れず、イラストとはちょっと違いましたが、娘は喜んでくれてホッとしました。


 



息子のお弁当。


大人のお弁当に憧れているので、おにぎりじゃくて、ご飯を普通にいれてとリクエストがありました。


父ちゃんのお弁当のように、梅干しをのせてみたら、「すっぱいからやめてー!」と言われてしまい、この後、いかなごのくぎ煮に変更。笑


 


遠足は、コロナの関係で、学校からすぐ近くの広場で、鬼ごっこや⚪✕ゲームをしたそうですがすごく楽しかったそうです。


 


お弁当は「美味しかったー!」と、ピカピカにしたお弁当箱を見せてくれました。


 


子供たちの幸せそうな顔をみれて、私も幸せな気持ちになりました。


 


なにより、元気に参加できて本当によかったです。


 


 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


 


 


 


敏森さんのこのほかの連載記事はこちら


敏森裕子 としもりゆうこ

家族全員でインテリアを楽しみ、日々の暮らしや食卓、手作り雑貨をインスタグラムで発信。不定期で個展を開催したり、義父手作りの家具や雑貨の販売をしたりしている。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line