ドライフラワー以外にもこんなに! 育てた花を最後まで愛でるアイデア



「暮らしとからだに効く植物の名前」300がよくわかる図鑑

2021.6.25

天塩にかけて咲かせた花なら、より可愛らしく演出したいと思うのが、ガーデナーの気持ち。「その手があったか!」と感心する今すぐできるディスプレイのアイデアをご紹介します。特別な道具も手間ひまもいらないお手軽なものばかりですよ!


 


自分で育てた花は落花となっても愛おしいものです。



花は散るもの。でも、せっかく育てた花だからもったいないと思うのが、花好きです。そこで、花首に細いワイヤーを通したガーランドはいかがでしょう。風にそよぐ姿も楽しめます。



水盤に花首を浮かべるのは、涼を呼ぶお手軽な手法。これからの季節にももってこいです。専用の水盤でなくても、ウォッシュボウルや大きな鉢などの器でも。エントランスや玄関にしつらえて、ウエルカムフラワーにするのもおすすめです。小輪のバラ「安曇野(あずみの)」が可憐。



こちらも水に浮かべる手法ですが、花首と一緒に火を灯したフローティングキャンドルを浮かべれば、ぐっとシックな雰囲気に。夏の夜にふさわしい演出です。ヤブツバキの華やかさを引き立てて、ハッとさせられます。



小さな枝だけになったカスミソウと、淡い色合いのフローティングキャンドルが涼しげ。ガラスの質感でよりいっそう光を感じます。ふだん花器にしているガラスベースでも応用できますね。


 


ドライフラワー制作中の美観



ドライフラワーを飾りながら乾燥させるのは、すでにガーデナーの常識ですが、これだけたくさんのアジサイがランプシェードのように梁から吊るされていると、壮観です!



思いのほか茂るタイム。丸ごと茎を束ねて、麻ひもをぐるぐる巻きにして、木枠の窓際に吊るすだけ。なんとも簡単ですが、タイムはしっかりよい香りのままドライになります。


関連記事はこちら


 


こんなふうに、身近にある植物を暮らしに役立てる方法はたくさん。それが、この本にたっぷり載っています!


 


『「暮らしとからだに効く植物の名前」300がよくわかる図鑑』好評発売中です!


「食べられる」「飲み物にできる」「家事や健康、暮らし全般に役立つ」「香りで癒やされる」「クラフトで作品にできる」など、 さまざまな視点から庭で育てた植物の活用術をご紹介。いずれも手軽な方法で、自宅で楽しめるものばかり。あなたのお庭では、今、どんな花が咲いていますか? そのお花を咲いて終わりにせず、何かに活用できないか、どうぞこの本で調べてみてください。 あなたのボタニカルライフの深みが増すはずです。目的別索引&五十音順索引付き。



A5版 本体価格1600円+税

お求めはお近くの書店もしくはこちらから。


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line