手ぬぐいが好き



Comehome!スタッフの らくがきぶろぐ

2021.7.24

上京してから手ぬぐいのデザインに心奪われ、それ以来、たくさんの手ぬぐいを買い集めてきました。


その他、町内会で配布されたもの、何かのイベントの特典もの、ご当地ものなどもあります。


そんななので持っている数は……数えたくないくらい。


当初はコレクションを増やすばかりでしたが、ちゃんと使って循環させるようになりました。



キッチンの取っ手にかけて。



洗面所にも。



ヘアバンドにも。



外出する時はハンカチ風に真四角に畳んで。


最近はフィンレイソンなど北欧のデザインなども増えて、一見手ぬぐいには見えません。


そうして持ち歩いていると、


「あら、手ぬぐい好きなの?私もよ。」と、同志に出会うことがあります。


そのひとりが校閲のOさん。


Oさんも私も7月が生まれ月で、いつの頃からか7月に手ぬぐいを贈り合うのが恒例になりました。



今年のOさんチョイスが届きました。


私の好きな妖怪とネコの柄、2つも!


そういえば贈り合うものが被ったことはまだありません。


これ好きそう、とかお互いにイメージがあるからでしょうか。


あと、被らないくらい世の中には手ぬぐいの種類があるということ。


手ぬぐいの沼は深~~~い。



デザインが好き過ぎて、浴衣に合うクラッチバッグに仕立てました。


浅草の老舗手ぬぐい屋さん、ふじ屋の「め鯨」。


これを持って、粋で鯔背で小股の切れ上がった江戸っ子を気取るのです。


 


 


 


 Come home!スタッフのらくがきブログ このほかの記事はこちら


シゲ

編集部の中の人。イラスト・間取り図の制作のほか、「整理収納アドバイザー」の資格を生かし、編集部内の片づけや、イベント時の荷造り・設営なども手掛けるマルチプレイヤー。愛猫の“うめちゃん”と“たまちゃん”と同居中。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line