おいしいベリー&可愛いベリー



「暮らしとからだに効く植物の名前」300がよくわかる図鑑

2021.8.30

ひと口に「ベリー」といっても千差万別。そもそも「ベリー」とは木の実のこと。園芸店には、さまざまな「ベリー」と名のつく植物の苗を見ることができますが、食べることもできる「ベリー」はどれ? 食用にはできないけれど、可愛すぎるベリーもあわせてご紹介します。


 


収穫が楽しみなおいしいベリー



ブル―ベリー


ツツジ科の落葉樹。6~10月が収穫期。愛らしい青い実はもちろん、可憐なベル形の白い花、秋の紅葉、冬は落葉した姿など季節ごとにさまざまな変化を楽しめる。



ブルーベリーはデザートに用いるだけでなく、肉料理のソースや、ドリンクにも。アイデアしだいで食卓のレギュラー選手になりそう。




ブルーベリーはジャムにすると、さらに大活躍! 炭酸水で割ってソーダにしたり、パンだねに練りこんでもおいしい。



クランベリー


ツツジ科の落葉樹。9月頃が収穫期。おいしい実をつけさせるためには、原産地の北アメリカのような冷涼な場所で栽培を。旺盛にツルをのばして繁茂し、病害虫にも強く育てやすい。



食べられないけど可愛いベリー



チェッカーベリー


ツツジ科の落葉樹。庭の彩りの少ない冬、11~3月に愛らしい赤い実が観賞できる。半日陰でも充分育つので、庭木の下草代わりに育てるのもよい。同じ時期に赤い実を実らせる低木に「センリョウ」「ヤブコウジ」などがあるが、チェッカーベリーの実のほうが大きく、直径1~1.5cmと大ぶり。鳥は大好物だが、人間向きではない。



パープルクランベリー


キキョウ科の多年草。ツツジ科の「クランベリー」とは、まったく別種。7~10月に紫色の実をつける様子は愛らしいけれど、残念ながら食用不可。強い日光が苦手なので、半日陰や木陰で育てる。また耐寒性は乏しく、鉢植えにして冬場は室内に取り込んだほうが安心。


関連記事はこちら


 


 


 


身近にある植物を暮らしに役立てる方法はたくさん。それが、この本にたっぷり載っています!


 


 


 


『「暮らしとからだに効く植物の名前」300がよくわかる図鑑』好評発売中です!


 


 


 


「食べられる」「飲み物にできる」「家事や健康、暮らし全般に役立つ」「香りで癒やされる」「クラフトで作品にできる」など、 さまざまな視点から庭で育てた植物の活用術をご紹介。いずれも手軽な方法で、自宅で楽しめるものばかり。あなたのお庭では、今、どんな花が咲いていますか? そのお花を咲いて終わりにせず、何かに活用できないか、どうぞこの本で調べてみてください。 あなたのボタニカルライフの深みが増すはずです。目的別索引&五十音順索引付き。


 


 


 



 


 


 


A5版 本体価格1600円+税

 


 


 


お求めはお近くの書店もしくはこちらから。


 


 


 


 


今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line