もうすぐ十五夜。お月見ごはん。



敏森裕子さんの 楽しいうつわと手作りのある暮らし

2021.9.10

こんにちは。
敏森裕子です。


夏が過ぎて、朝晩が涼しくなってきましたね。


もうすぐ中秋の名月。
 
2021年の十五夜は、9月21日(火)だそうです。



特に予定がなかった休日。


少し早いけど、
「お月見ごはんが作りたいなぁ。」と子供たち。


さっそく買い物に行って、
それぞれ好きなメニューを作ることにしました。



息子は、まんまるなお月様をイメージした鯛のつみれがはいったお味噌汁づくり。


鯛のあらで出汁をとり、骨を1つ1つ丁寧にとって、ふわふわの鯛のつみれを作っていました。



娘はお月見団子づくり。


団子粉にぬるま湯を少しずついれて、
耳たぶくらいの柔らかさにして、まるめます。


レンジであたためて柔らかくしたカボチャも練り込んで、黄色の団子も作りました。


沸騰したお湯にいれて、プカプカういてきて3分たったら出来上がり。



お月見ごはん、完成しました。


鯛のつみれがはいったお味噌汁。鯛の出汁がよくでていて、ふんわりと優しい味で、とても美味しかったです。



おにぎりは夫と作りました。


うさぎのおにぎりは、耳は魚肉ソーセージ。
目はケチャップ。


もう1つのおにぎりは、海苔をまいて、団子は蒲鉾を薄く切って、ストローでくりぬきました。
月は、チェダーチーズで、
ススキ風なのは、カニかまです。



他には、月見つくね(絹ごし豆腐いり)とほうれん草とにんじんのゴマ和え、さつまいもの甘露煮。



娘が作ってくれたお月見団子は、きな粉をかけていただきました。
もちもちで美味しかったです。



お月見ごはん、去年とほとんど同じメニューですが、みんなで作れて楽しかったです。



十五夜までは、まだ日にちがあるので、また山からススキをとってきて飾ろうと思います。


そして、カレーの日は、ごはんをウサギの形にしようかな。
あと月見バーガーも2回は食べたい(笑)


みなさまも、楽しいお月見になりますように。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


 


 


 


敏森さんのこのほかの連載記事はこちら


敏森裕子 としもりゆうこ

家族全員でインテリアを楽しみ、日々の暮らしや食卓、手作り雑貨をインスタグラムで発信。不定期で個展を開催したり、義父手作りの家具や雑貨の販売をしたりしている。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line