• TOP
  • 暮らし
  • 『リサとガスパール』著者ご夫妻のアパルトマン

『リサとガスパール』著者ご夫妻のアパルトマン



私のカントリー№116

2022.5.26

『リサとガスパール』というシリーズで世界中にファンをもつアン・グッドマンさんとゲオルグ・ハレンスベールさんご夫妻。「私のカントリー」でさまざまなインテリアを披露してくださってきました。


そして今回は、引っ越しが終わったばかりの新居。


まるで貴族のようなお城に見えますが、パリの一角にあるアパルトマンなのです。


 


「私のカントリー」のこれまでの記事はこちらをごらんください


多忙な作家業のかたわら、セルフリノベーションを楽しむ『リサとガスパール』著者のご夫妻



まさにお城!な階段。


19世紀のブルジョワ階級は2階を母屋に、1階を使用人のための部屋にすることが多かったため、このような階段がつくられることも多かったそう。


壁面には蔓性の植物がつたい、インスピレーションの源にもなりそう。



前の住まいから持ち込んだものも多いため、壁を壊して広くしたキッチン。


特に写真右側のアンティークの作業台を入れたくて、この作業台ありきで、設計図を描いたそう。



アンさんの仕事部屋は寝室に。


窓から庭を見下ろすことができて、絶好の景観!



築200年。延床面積180平方メートル。


部屋にものが多かったり、廊下など狭い場所には、鏡を置いて、部屋を広く見せる効果をねらっているそう。大きな鏡が、そこかしこに。



このアパルトマンは、「私のカントリー№116」の52ページから6ページにわたって大々的に誌上公開しています。


特に引っ越しのドタバタはそのまま絵本になりそうなほどユーモラス。


世界に名だたる作家さんでも、私たちと同じ人間なんだな~などと、微笑ましいエピソードです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


「私のカントリー№116」好評発売中



こちらも、ぜひごらんください。



次にご紹介する動画は、「私のカントリー№115」のp84~




 


「私のカントリー№116」は現在好評発売中!



「私のカントリーフェスタ」の様子はこちらをご覧ください。



今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line