• TOP
  • 暮らし
  • 元民宿をリフォームし、あの手この手で暮らしやすく 森さん(後編)

元民宿をリフォームし、あの手この手で暮らしやすく 森さん(後編)

2020.9.11

日用品を味方につけてわが家をもっと好きな場所に
森 ゆかりさん


長男と私の暮らしの中心はこの古い家。
だから、どこより楽しい場所にしたくて愛着のわくものを吟味し
時間をかけて手を加えてきたんです


6畳2間をつなぎ合わせたリビング。 家事の合間にソファに座って、模様が えの構想を練ることもしばしば。


小石や貝殻が波の音や風を運んでくれます


民宿の面影が残るじゅうたん敷 きの階段は、義父母が暮らす共有ス ペースと私たち家族の居住フロア をつなぐ場所。貝殻やシーグラスと 一緒にお気に入りのかごを飾って。

階段の踊り場は、三女の身支度 &図書コーナーになっています。


 私たちが暮らすのは、築30年の元民宿。こま切れで使いにくい部屋を広くするためにリフォームもしましたが、私
の意見はそれほど取り入れてもらえませんでした。


 そこで、少しでもわが家を居心地のいい場所にしたくて、こつこつ手を動かすことに。壁にペンキを塗ったり、飾り棚を取り付けたり。寝室の長男のベッドのそばにミシンデスクを置いて、間仕切りカーテンを縫いながらすごしたこともありました。


 子どもたちの成長に合わせて、模様がえをするのもしょっちゅう。夫も積極的に家具作りを手伝ってくれ、使い勝
手の悪かった家が少しずつ快適になり、お気に入りの場所もふえていきました。


 そんなわが家に彩りを添えてくれるのが、娘たちが海で拾ってきた貝殻やシーグラス。一日じゅう家の中にいても外の空気を感じ取ることができるし、何より楽しい思い出を家族と共有できるのがうれしくて。目にとまるたび、日々の励みになっています。


寝室は低めの家具で統 一し、光を遮らないよ うにひと工夫。ベッド サイドにも瓶に詰めた 小石や貝殻を飾って。

部屋をつなぎ、フレキシブル に模様がえができるよう、本 棚やカーテンで間仕切り。右 側の奥が寝室です。

病院の待ち時間やベッドのそばでできる針 仕事は、私にとって癒やしの習慣。はき古し たジーンズをつなぎ合わせて、タペストリー に。

寝室の一角にミシンを置いて。カーテ ンの向こうには娘たちの学習コーナーが。


今週の人気記事

関連ムックや 新刊のおしらせ

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line