• TOP
  • 暮らし・収納
  • 【ガーデニング】コッツウォルズの石はカントリーガーデンの名脇役【資材】

【ガーデニング】コッツウォルズの石はカントリーガーデンの名脇役【資材】



私のカントリー№116

2022.6.2

素敵な庭を拝見していると、花壇やボーダーガーデン、レイズドベッドの縁取りに使われている石が一味ちがうと思われるのでは?


ガーデナーのみなさまは、石や砂利にもこだわっていらっしゃいます。


人気があるのは、ヨーロッパの石。当然、コストはかかります。


今回ご紹介するのは、憧れのコッツウォルズの本物の石です。


 


「私のカントリー」のこれまでの記事はこちらをごらんください


イギリス・コッツウォルズ地方の本物の石やヨーロッパのレンガ



ヘリンボーンに組まれたこの石。


まさにアンティークの趣です。


こんなアプローチが続いていれば、周囲の植物のなかに溶け込んで、まるでヨーロッパの公園や貴族の庭を散策している気分に。


コッツウォルズの石にはそんな効果があります。


 


コッツウォルズストーン ロッカリー



 


ランダムサイズでブロック状のコッツウォルズストーン。コロンと置いているだけでも絵になる存在感。凸凹で素朴な印象です。


花の間に転がせば、リックガーデンに大変身。


 


コッツウォルズストーン ドライウォール(GG)


 



寒冷地にも強いため、北海道や長野・白馬のガーデニングファンにも大人気。少しグレー味を帯びた、大人っぽい印象。外壁や花壇におすすめ。


 


コッツウォルズストーン ドライウォール(クリーム)



このやわらかなハニーストーンが、まさにコッツウォルズ地方の色合い。当然、カントリーガーデナーの一番人気。セメントを使わずにラフに積むだけでも趣のある壁をつくれる(ただし道路に面している場所では通行する人・車の事故の原因となるので、絶対にやめてください)。


 


これらコッツウォルズストーンは、「ストックヤード」というショップで販売されています。


くわしくは、現在発売中の「私のカントリー№116」の130~131ページをご覧ください。参考価格も掲載しています。


 


ストックヤード


東京都八王子市柚木1476-1


基本的に土日のみ公開。事前に連絡を入れておくとスムーズに案内していただけます。


https://stockyard.tokyo/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


「私のカントリー№116」好評発売中



こちらも、ぜひごらんください。



次にご紹介する動画は、「私のカントリー№115」のp84~




 


「私のカントリー№116」は現在好評発売中!



「私のカントリーフェスタ」の様子はこちらをご覧ください。



今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line