• TOP
  • 暮らし
  • 【ガーデニング】観賞用トロ舟ビオトープを作りました

【ガーデニング】観賞用トロ舟ビオトープを作りました



RIKAさんの バルコニー便り

2022.6.24

たびたびご紹介してきた、RIKAさんのビオトープ


今回、さらに進化したんですよ!


RIKAさんの観賞用ビオトープ


観賞用トロ舟ビオトープを作った工程をまとめてみました𓆛𓆜𓆝𓆞𓆟



昨年 作ったベランダのビオトープと


ほとんど作った工程や材料は一緒ですので


ビオトープを始めてみたいと思ってた方の参考になれば嬉しいです😊→あくまで私のやり方ですので 他にも色々検索してみてください


材料はほとんどホームセンターで揃います✨



私は40Lサイズのトロ舟を購入しました(800円ぐらい)



レンガブロックはカーブのものは家にあったものですが


お花のタイルはエクステリアコーナーでみつけました(1000円ぐらい)


底土は 家にあった赤玉土を使ってますが


もし新しく揃えるなら赤玉土の中粒がいいかと思います(300円ぐらい)



赤玉土を使う理由は


多孔質で濾過バクテリアが棲みつきやすく


水質を整えてくれるみたいなので


今回も使いました



水草のおすすめは


ウォーターマッシュルーム



ウォーターバコパ


イネ科のベニチガヤ



や、睡蓮などです🌿


園芸コーナーにビオトープ用の植物コーナーもあったりします



植物は酸素を供給してくれるので


もしメダカを入れても酸素ポンプなどは必要ありません


メダカを入れることで


ボウフラなどの発生を防げるし


メダカの糞は濾過バクテリアや水草の栄養になります



エビやタニシを入れると苔なども生えにくいみたいです



ちなみに もう1年になるベランダのビオトープは


水質が整ってくれたのか


1度も水換えなどしてませんが


綺麗なままなんです✨



2.3日おきに カルキ抜きした水を足すぐらいです(環境にもよりますが…)


今回設置した場所は わりと影になりやすい場所ですが


夏場の直射日光は水温もあがるので


日除け兼雨よけ用の屋根も手作りしました



ソーラー式の噴水もAmazonなどで


1000円ほどで手に入りますよ~


濾過バクテリアを入れると早く、水も綺麗になります



立ち上げて3日後は、こんな感じ↓



立ち上げて5日後は、こちら。↓



水質が整ってくると
水換えなどは必要なく 蒸発して減った水を数日おきに足すぐらいです


スペースがない場合は


小さな睡蓮鉢に水草を入れてメダカちゃんを鑑賞するのも


オススメです



暑い夏を 涼しく演出してくれるビオトープ


この夏 睡蓮の花が咲いてくれるのを


心待ちにしています




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


https://www.instagram.com/r_6cafe/



 


RIKA りか

緑と花にあふれるバルコニーガーデンを“森の小屋”として楽しんで4年。『私のカントリー』では、ガーデニングのほかインテリア、DIYの腕も披露している。

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line