• TOP
  • 暮らし
  • 身近にある小さな花と緑を日々の暮らしに(後編)

身近にある小さな花と緑を日々の暮らしに(後編)

2020.9.17

庭や散歩道で可愛い草花を摘んでは、季節のかけらをちりばめるように
家のあちこちに飾っています。ほのかな香りに気づくのも楽しくて
分野三鈴さん


小さな花や緑をちょこっと飾るのが好き


わが家ではテーブル のまわりや飾り棚に限 らず、窓辺やキッチン、 パーテーションにも花 を飾ります。

木のぬ くもりたっぷりのサン ルームは、少し緑があ るとさわやかな空間に。


 私の植物好きの原点は、森にすむネズミの一家を描いた絵本。赤い木の実とポップコーンを数珠つなぎにして、クリスマスツリーを飾るシーンが印象的で、植物で暮らしを彩る豊かさを知ったんです。


 公園や庭で摘み取ってきた植物は、家のあちこちに飾ります。楚々とした小さな花が好みなので、全体の存在感は薄め。でも、花がそばにあるだけで空気がすがすがしくなる気がするから、欠かせません。花瓶に挿すだけでなく、窓に張りつけたり、布や雑貨とアレンジしたりと楽しんでいます。なかでも、ガラス容器に植物を閉じ込めるのがお気に入り。まるで、中の時間が止まってしまったかのような趣に、魅せられてしまうんです。


 テーブルの上に美しい花があるとものを置かなくなるし、インテリアもきれいにしようと心がけるから不思議です。3人の子育てに追われる毎日は、目がまわる忙しさだけれど、そんなときだからこそ、植物を飾って心にゆとりをもちたいなと思っています。


植物好きなのは この絵本の影響
芭蕉みどりさんの『ふゆのよるのおくりもの』 (ポプラ社刊)。ティモ シーとサラという2匹 のネズミが主人公です。


可憐な愛らしさが引き立つ小物や花器と合わて



ふだん使いの ポットやカップで
春は華やかなアレンジも楽しみたくて、ガラスの茶器にブーケをアレン ジしてテーブルへ。

アンティークの糸巻きを一輪挿しに
糸巻きの軸に、オレガノなどの小さなドライグリー ンを挿しました。

プレートの上に 花をアレンジ
趣のあるアンティークのプレートなら、花を浮かべる だけで絵になります。

裁縫箱に眠っていた 刺しゅう枠も活用
刺しゅう枠は小さな花を目立たせるのにぴったり。 麻の布につま楊枝で穴をあけ、レースフラワーやホトケノザ、公園で摘ん だ緑などの茎を通し、裏側でテープどめしています。裏から霧吹きで湿ら せると長もち。

100円のかごがぴったり
かごの中に耐水性のおかずカップを入れ、ムスカリの球 根と吸水スポンジを入れて花をアレンジしました。

ブドウのツルもいい感じ
庭のスカビオサをブ ドウのツルとアイビーのリースで引き立てました。



line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line