• TOP
  • 暮らし
  • フラワースタイリストさんに教わる花と器の最良の組み合わせ(1)

フラワースタイリストさんに教わる花と器の最良の組み合わせ(1)

2020.9.20

住まいをシンプルに整えた結果、花を飾る楽しみに目覚めた
という話を最近よく耳にします。
花のある暮らしを楽しむには花に合った花器を選ぶことも大切。
色、形、素材もさまざまな器と季節の花の最良の関係を
フラワースタイリストの増田由希子さんに教わりました。




バラ × 色付きの花器


華やかで愛らしい印象のバラ。
ブルーやグレーの花器と合わせると色の対比でカッコよく飾れます



 


 幾重にもなる花びらが可憐なバラ。可愛らしいアレンジが苦手な場合は、花器と花の色を対比させるとカッコよく飾れます。花器は湖や海のブルー、石のグレーなど、自然のなかにある色を選んで。くすみや濃淡があり、マットな質感のものほどよく合います。


 主役の花をいけたら、バランスをみながら花を足します。左の花は茎を長めに切って枝垂れるように。一輪挿しのほうは細い茎を強調して。自然に咲く様子をイメージしながら。


咲き方主役の花から飾って
咲き方、大きさ、色などを見て、 主役にしたい花を1輪選び、ま ずはその花からいけます。素敵 に見える位置や角度を決めてか ら、ほかの花を足していって。


マーガレット × 脚付きのガラスベース


白く清楚なマーガレットは緑の茎の美しさも眺めて楽しめるよう
ガラスベースにたっぷりいけて






 マーガレットは、ボリュームたっぷりの花束にして飾るのが素敵です。お値段も手ごろなので挑戦しやすいはず。


 茎はひょろりと細い印象ですが、根元のほうは太くストンとしているので、ここも見せどころ。下のほうの葉はハサミでカットしてすっきりさせ、茎を交差させてガラスの花器にいけます。テーブルの上に置いて眺められるよう、脚付きの花瓶を選んだのもポイント。水は毎日替えると花が長もちしますよ。


茎はツイストさせて
水に浸 かる部分の葉っぱは花バ サミでカット。茎を交差させな がら花束を作ります。交差させ た部分を麻ひもで結んでおくと、 水替えのときバラけません。

増田由希子さん
フラワースタイリス ト。NHK文化センタ ーで講師を務めるほ か、『花1本から素敵に飾るはじめてのフラワーレッスン』(家の光協会刊)『花とお菓子』(立東舎刊)な ど著書も多数。


 




ライラック、ダリアと器の最良の組み合わせはこちらから


スズラン、ビバーナムと器の最良の組み合わせはこちらから




line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line