秋の味覚を楽しむごはん。



敏森裕子さんの 楽しいうつわと手作りのある暮らし

2020.10.16

こんにちは。敏森裕子です。


食欲の秋。



先日、スーパーに行くと大きな栗が半額になっていました(^^)


その日は、秋刀魚も安くなっていたので、栗と秋刀魚を買って帰って、晩ごはんをつくることにしました。


まずは、レシピを見ながら栗ご飯を作ります。


鍋にお湯を沸かして、栗を入れて3分。ザルにあげて、栗の皮をむきます。



いつもは大変な皮むきですが、ホームセンターで見つけた「栗くり坊主」が大活躍!!


簡単にむけました(*^^*)


栗をむいたら、水にさらします。


そのあと、水をきって、保存袋に栗と 栗の重さの20%の砂糖をまぶします。



そのあと、袋のまま冷凍庫で 3時間以上凍らせました。



冷凍庫からだしたら、水で砂糖を洗って、凍らせた栗のまま米と調味料と一緒に栗ご飯を炊きます。



私は、初めて知ったのですが、こんな風に砂糖をまぶして冷凍庫で凍らすと、綺麗な黄色の栗になるそうです(^^)



栗ご飯を炊いてる間に、
フライパンで秋刀魚も焼いて、
ほかのおかずもつくって、でき上がり!!



綺麗な黄色の栗になりました(^^)




ほかには、秋刀魚の塩焼き、豚汁、ししとうの煮浸し、だし巻き玉子を作りました。


デザートは、シャインマスカットです。



栗ごはん、栗がほくほくで、とっても甘かったです。
秋刀魚も美味しかったな。


秋のごはんが食べれて、家族も喜んでくれてよかったです。


 


次は何を作ろうかな?


もうしばらく、秋の味覚を楽しみたいです(*^^*)


 


 


▼今日のうつわ紹介



秋刀魚のお皿。
奥は rutawa.rawajifuさん。
手前は、木のね 粉福コッペパン皿。
右側は、rutawa.rawajifu×chii_ne ちゃん。


 



お茶碗は、左から 小石原焼の森山健治さん、hibifukuさん、村上直子さん。


 



急須 はrutawa.rawajifuさん。
お椀は薗部産業 銘木椀。
お皿は、穂屋工房さん。


 



左側の器は、金成潤子さん。
右側は、ひつじのてしごとさん。


 



醤油さしは、牧野潤さん。
お皿は、私(陶芸教室)
箸置きは、左から 木製の栗、辻本路さん、南部鉄器、rutawa.rawajifu×slow (コラボ作品)


 


では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


 


敏森さんのこのほかの連載記事はこちら


敏森裕子 としもりゆうこ

家族全員でインテリアを楽しみ、日々の暮らしや食卓、手作り雑貨をインスタグラムで発信。不定期で個展を開催したり、義父手作りの家具や雑貨の販売をしたりしている。

今週の人気記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line