• TOP
  • 暮らし・収納
  • 【Definitely】一台二役の囲炉裏のようなグリル「Angrill」先行予約販売受付中

【Definitely】一台二役の囲炉裏のようなグリル「Angrill」先行予約販売受付中

新商品情報

2023.10.25


「アウトドアライフをもっと楽しく、もっと便利に」。株式会社来光工業の超精密加工技術を駆使したキャンプギアを送り出すブランドDefinitely(ディフィニトリー)から、「Angrill(アングリル)」が発売されました。商品名は「Angler’s Gril l( 釣り人のグリル)」に由来。「川釣りをする人が魚焼きを堪能する」というコンセプトから生まれました。
現在、Makuakeで先行予約販売中です。


✔囲炉裏のようにじっくりと焼く



8枚からなる本体のパネルを組み立てると、縦長のグリルが完成。釣った魚を川原で焼くなど、炉端焼き気分でゆっくりと魚を焼く時間を楽しむためのガジェットです。
付属の串は2本。串を立てるスロットは4か所あるので、串を買い足せば一度に最大4匹の魚をセットできます。もちろん、肉や野菜を刺して焼いても美味しく仕上がります。


✔スタイリッシュな焚き火台に変身



パネルの組み方を変えると、スタイリッシュな焚き火台にトランスフォーム。グリル用のサイドパネルと串は、ケトルを載せるための五徳として使える設計です。本体の素材はスチール製。使い込むほどに黒っぽく焼き跡が入ります。大切に手入れしながら、自分だけのギアにエイジングしてみては? メッシュのパネル部分には、あえて薄い板(厚さ1mm)を使用。加熱により湾曲した場合にも、手で曲げれば簡単に形状を整えられます。


✔折りたためばコンパクトに収納



パネル組み立て式なので、折りたためば薄くコンパクトになります。場所をとらずに持ち運びやすく、簡単に組み立てることが可能。別売りのトートバッグ(写真右:税込み3,900円)にすっぽり収納できます。



この製品は、学生や若手デザイナーを育成するために、複数の企業が参加して立ち上げた「TOKAI PRODUCT DESIGN AWARD」2021年度の最優秀賞作品です。当時、名古屋市立大学芸術工学研究科にて、プロダクトデザインを専攻していた井倉芳弥(いくらもとや)さんがデザイン。新人デザイナーのこだわりと、Definitelyの技術力を合わせて商品化にこぎつけました。



株式会社 来光工業/Definitely(ディフィニトリー)

今週の人気記事

Instagram

line

女性向けのナチュラルなインテリア情報誌です。子供や家族を前提とした
インテリア&家つくり情報を中心に、リノベーションなども紹介しています。
また、「暮らしのなかにある小さな幸せ」を大切に、
自分らしく、心地よく暮らすためのアイデアを紹介するインテリア雑誌です。

line